1. TOEICテスト 新形式だけ でる200問

    価格 3.0
    使用感 4.0
    効果 4.5
    価格:
    1,728円(税込)
    ページ数:
    384ページ
    対象スコア:
    600点~

    TOEICへのズバ抜けた情熱で、学習者からの圧倒的支持を受けているHUMMER & Tommyがはじめてタッグを組んだ! ときに厳しく、ときに優しく——。2人の「熱い」解説が、あなたのやる気に火をつけます!

    管理人のレビュー

    TOEICテストが新形式に移行してから随分と経っていますが、新形式で躓いているの人が多いのが現実です。

    実際、TOEICで苦手な問題を聞いてみると、パート3・4のグラフィック問題やセンテンス意図問題、そしてパート7のトリプルパッセージ問題という答えが帰ってきます。

    そんな多くの人が苦手にしている新形式に特化した問題集がこの「TOEICテスト 新形式だけ でる200問」です。新形式問題だけで231問が収録されているので、徹底して苦手を潰すことが出来ます。

    この本の売りは何と言ってもパワーアップトークと呼ばれる濱崎潤之輔さんと大里秀介さんの紙上セミナーで、新形式の攻略法やTOEICがどういった意図で問題を作っているのかなど、TOEICを受けるにあたって役に立つ情報がたっぷりと書かれています。

    この本の使い方はとっても簡単です。とにかく苦手な部分だけを徹底的に繰り返すだけです。この本は問題ごとに細かく分けられているので、苦手な部分だけを徹底的に学習することが可能です。

    トリプルパッセージが苦手な人はトリプルパッセージだけをセンテンス意図問題が苦手な人はセンテンス意図問題のところだけを繰り返し勉強することが出来ます。また、リスニングの方も先読みの部分がそれぞれ15秒づつ取れれているので細かく苦手なところだけを勉強できます。

    新形式だけを勉強できる問題集はあまり多くないのに加えて、学習効率とレイアウトを考えて作られているのはこの本と「TOEICテスト 新形式問題やり込みドリル」だけです。

    ただ、やり込みドリルは大判なので繰り返し勉強するのには少し使いづらい面があるので、個人的にはこちらをオススメします。

     

    TOEICテスト 新形式だけ でる200問の購入はこちら