1. TOEICテスト新形式精選模試リーディング

    価格 5.0
    使用感 5.0
    効果 5.0
    価格:
    2,052円(税込)
    ページ数:
    364ページ
    対象スコア:
    初受験~

    本番で予想されるあらゆるタイプの問題を5回の模試に完全網羅。精鋭講師陣が新形式と最新の出題傾向を徹底解説。すべての設問について、正解を導くための手順と考え方をていねいに説明。スコアアップに直結する解答戦略と学習ポイントをアドバイスしたコラムも充実。1セットごとに本番でのスコアが予測できる「スコア算出表」つき。

    管理人のレビュー

    この本は現在出版されているTOEICのリーディングの本の中では間違いなく一番の名著です。

    5回分のリーディングの模試と解説といいうシンプルな構成で模試の方が別冊になっています。模試と解説を行ったり来たりしなくても学習が出来るように解説の方にも問題の英文と選択肢が載っています。

    TOEIC対策の全国最優秀校に選ばれてエッセンス・イングリッシュスクール(講師全員がTOEIC990点でほぼ毎回受験している)の教材だけ合って問題の質の高さはいうまでもありません。今一番本番に近い問題を扱っているのがこの本です。

    TOEICには公式問題集もありますが、そちらは実際のTOEICよりも若干簡単な問題で構成されています。なので、リスニングの声になれるという意味では使えますが、問題の難易度が本番とかけ離れているので、リーディングの部分ははっきり言って、使えません。この理由は、問題集ではTOEIC本番で出題される800点以上のスコアの人を対象とした難問が省かれているからだと推測されます。

    一方のこの精選模試は本番と全く同じ難易度なので、しっかりとした試験対策が出来ます。

    解説も素晴らしく、通常の問題解説に加えて、「990点講師の目」と呼ばれるポイント解説、問題のアプローチの仕方が書かれている「ここがエッセンス」というコラム、充実した語注など至れり尽くせりの内容となっています。

    ある程度文法や語彙を勉強した人ならTOEICのリーディング対策はこれ一冊でOKと言い切ってもいいぐらいの濃い内容になっています。

    先生模試は模試ですが、模試として使わなくて良く、PART5だけ5回分を繰り返すというやり方がでもOKです。むしろ、そういったやり方のほうが繰り返しには適しています。

    この本に出てくる単語やフレーズは全てTOEIC頻出のものになっていますので、解答に関係無い語彙やフレーズも全て覚えるようにしましょう。この本をしっかりと10周ぐらいすれば本番のTOEICは簡単と言える用になりますよ。

     

    TOEICテスト新形式精選模試リーディングの購入はこちら