1. 世界一わかりやすい英文法の授業

    価格 3.5
    使用感 4.0
    効果 4.5
    価格:
    1,620円(税込)
    ページ数:
    253ページ
    対象スコア:
    470点~
    予備校講師である著者が、英文の成り立ちそのものを、シェークスピアからマイケル・ジョーダンまで幅広い人々の言葉をもとに解き明かす本。本当の英文理解力を養成します。

    管理人のレビュー

    この本で扱われている内容は高校英文法の基礎的なものですが、とにかく例文が面白くてどんどんと読んでみようという気になります。

    現在形を教えるにしても「I am a student.(私は学生です。)」のような無味乾燥な文ではなく、「Man errs so long as he strives.(人は努力する限り、間違いを犯す。)」という含蓄のある表現で勉強することが出来ます。

    もちろん、英語が本当に苦手という人や一回も英文法を学んだことがないという人には少し難しいかもしれませんが、大人が英文法をもう一度やり直すには最適です。

    また、重箱の隅をつつくような例外にとらわれることなく、英文法を根本から理解させようとする解説はとても好感が持てます。

    「現在進行形に出来るのは5秒毎に中断・再開ができるもの」といった実際に使える形での解説は大学受験だけでなくTOEICでも大きな力を発揮してくれます。

    このサイトでは、文法の基礎を身につける参考書として「成川の「なぜ」がわかる英文法の授業 」をオススメしていますが、人によってはこちらの参考書の方が合うかもしれません。

    非常に読みやすい本なので2時間もあれば一通り読み終えることが出来ます。

    英文法全体について扱っていますが、一つ一つの文法項目のポイントだけを詳しく解説しているので、大学受験などではキツイですが、TOEICについて言えば、この本ぐらいの知識があれば実際の問題演習に移っても戸惑うことはなくなります。

    このレベルの参考書は合う合わないがすごくはっきりと別れるので、一度中身を見てから購入されることをオススメします。

     

世界一わかりやすい英文法の授業の購入はこちら