1. TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問

    価格 2.5
    使用感 2.5
    効果 4.5
    価格:
    2,484円(税込)
    ページ数:
    656ページ
    対象スコア:
    500点~

    文法対策の決定版、ベストセラーとなった『でる1000』の〈増補カラー版〉が登場! 【圧倒的な質と量】 新形式開始後も毎回受験、毎回990点満点。そんなTEX加藤先生の著作は、クオリティの高さから、読者の圧倒的支持を得ています。本書は、しかも、1049問収録でボリュームもスゴイ! Part 5で出題される文法事項を網羅した1冊です。

    管理人のレビュー

    この本はTOEICの文法問題集の決定版といえるぐらいの圧倒的な質と量を誇っています。実際、Amazonや楽天、ジュンク堂書店や紀伊國屋書店のTOEICの参考書のランキングで常に上位に来ていることからもその完成度の高さが伺えます。

    毎回受験、毎回990点満点と取っているTEX加藤先生さんが作っているだけあって全ての問題が実際のTOEICの問題と見間違えるぐらいの出来です。

    しかし、現実的に考えてこの書籍を使うことがスコアアップに効率的かと聞かれれば疑問が残ります。なぜなら、この書籍は「語彙問題やPart 6は取り扱っていない」からです。

    PART5は新形式になって30問と大幅に問題数が減りました。さらに半分が語彙問題ということを考えるとこの本はTOEICの問題の15問にしか対応をしていないことになります。なので、15問を解けるようになるために1049問も解くことが必要かと聞かれれば、答えはNOです。

    また、この本は頻出順に問題数が多くなっていますが、それも少し違うような気がします。例えば、品詞問題が334問もありますが、品詞問題はTOEICの問題の中では正解率が高い問題なのでここまでする必要はない気がします。一方で多くの人が苦手としている関係詞の問題が16問とバランスが良くない気がします。

    それにこれは個人的な問題ですが、同じポイントの問題を解き続けるのはかなりの苦痛を伴います。私は最初の品詞問題で120~130問あたりからあまりの単純作業に嫌気がさしてしまいました。様々な文法項目や語彙・コロケーション・イディオムなどがランダムで出題される問題集は一日に1000問近く解いたこともありますが、この本はダメでした。

    なので、個人的にはこの本を1冊買うよりも千本ノックシリーズや特急シリーズのPART5対策のものを4・5冊買ったほうが楽しく勉強できてスコアも上がりやすいと思います(語彙が無いことを引くと4・5冊買っても値段もあまり変わりません)。

    この本の評価をまとめると、質・量ともに最高のものを求めた結果、使いにくい本になってしまったと言う感じです。

     

    TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問の購入はこちら