1. 英作文ハイパートレーニング和文英訳編

    価格 4.5
    使用感 4.5
    効果 4.5
    価格:
    1,458円(税込)
    ページ数:
    216ページ
    対象スコア:
    470点~

    66の文法のポイントを厳選し、英文の組み立て方を実践的に解説。受験生が間違いやすい箇所にも焦点をあて、ミスを防ぐ力を身につける。各Lessonの例題と復習問題、さらに巻末には過去問を収録。英文を書く上で不可欠な語彙、語法を含む155文例を解説付きで収録。付属CDには、各Lessonの冒頭にある例題2題を、日本語→ポーズ→英語→英語の順番で収録。

    管理人のレビュー

    この本は文法を学習し終わった人が最初に取り組むべき英作文の本です。

    英作文に必要な66個の文法事項が一行の和文英訳問題を解くことによって効率的に身につくように設計されています。また、最後には英作文に役に立つ語法文例が65個、テーマ別文例が90個紹介されています。

    この本のいいところは、文法問題ではあまり出てこないけれど、英作文に必要な文法事項が基礎の基礎から説明がしてあることです。

    例えば、「この新型の携帯電話についてどう思いますか?」という日本語があった場合、「How」を使うか「What」を使うかは意外と英語が得意な人でも抜け落ちていることが多い文法事項です。

    ちなみに正解は「What do you think about this new type of mobile phone?」です。これは相手に「I think that SV」の「that SV」の部分(名詞節)を尋ねているのでWhatを使うわけです。返答例としては「I think that it is very easy to use.」となるわけです。

    もし「How do you think about this new type of mobile phone?」だと「どのようにあなたはこの新型の携帯電話について考えますか?」となり、新型の携帯電話について考える時の考え方のプロセスを聞いていることになります。

    こういった文法事項は一応が中学で習うのですが、それ以降、あまり文法問題などでも出題されることが少ないので多くの人が曖昧になってしまっています。そのような文法事項この本は一つ一つ丁寧に解説してくれています。

    なので、英作文を学ぶ最初の一歩としては最適です。また、本編の例文をまとめ暗誦例文集(132文)やそれに対応した(日本語・英文・英文)のCDも付いており、まさに至れり尽くせりの内容となっています。

    英語の勉強がある程度進んでいる人にとっては、一見すると簡単そうに見えますが、意外とこのレベルでも英訳をするのは大変なものです。なので、英作文の勉強をするかたはまずこの本から始めましょう。

    英作文だけでなく、英会話の基礎を学ぶ上でもこの本はおすすめですよ。

     

    英作文ハイパートレーニング和文英訳編の購入はこちら