1. 実は知らない英文誤読の真相88

    価格 3.5
    使用感 4.0
    効果 4.5
    価格:
    1,836円(税込)
    ページ数:
    255ページ
    対象スコア:
    860点~

    固定観念や生半可な知識では読めない88+1の誤読ポイントを徹底解説。 あなたは自らの英語力の落とし穴を発見し、 最高レベルの読解力を手に入れることができるだろう。マスコミのほとんどが解釈を間違えている「オバマ就任演説」の真相もわかる。「真相」シリーズ第二弾ついに登場!

    管理人のレビュー

    この本は、かなり難しめの英文解釈の参考書です。

    以前紹介した大学受験レベルとしては最高峰の英文解釈の参考書である「英文読解問題精選」が2ページを費やして説明している英文がテーマ関連する英文としておまけ程度に半ページで簡単に説明してあるなど難易度としてはトップクラスです。

    基本的に誤読が起きやすい英文ばかりが取り上げられているので、生半可な知識ではコテンパンにされてしまいます。

    商品説明に「英語力の落とし穴を発見し、 最高レベルの読解力を手に入れる」と書かれている通り、この本をやりこなせば英文解釈の参考書は必要なくなると思います。

    ちなみにどのような英文が載っているかというと、

    There is an impression abroad that everyone has it in him to write one book; but if by this is implied a good book the impression is false.

    「The Summing Up」W. Somerset Maugham

    といったようにものが使われています。

    しかも、この文はテーマの基本の確認として使われているので、実際はもう少しレベルが高くなると考えてもらって差し支えはありません。

    正直なところ、ほとんど方はこの本をやる必要はありません。TOEICや大学受験はもちろんのこと英検1級でもこの本をこなさなくても十分に対応することが出来ます。

    なので、この本を取り組む人は、翻訳家などのプロを目指す人、知的好奇心を満たしたい人、私は英語が出来ますと自信をもって言えるようになりたい人ということになります。

    ただ、やってみると結構楽しいので、受験や資格試験などの時間に追われていない時に一読して見ることを最後にオススメしておきます。

     

    実は知らない英文誤読の真相88の購入はこちら