1. 英語で味わうシェイクスピアの世界

    価格 5.0
    使用感 5.0
    効果 5.0
    価格:
    2,052円(税込)
    ページ数:
    255ページ
    対象スコア:
    600点~

    シェイクスピアの名作から、『ロミオとジュリエット』『ハムレット』『ヴェニスの商人』『お気に召すまま』の4作品を収録。ダイアローグを中心に、わかりやすい現代英語に書き直し、語注、和訳を付けました。これまで繰り返し引用されてきた、名句に関する解説も充実しています。著者自身による朗読音声付きですので、ぜひ耳からも楽しんでください。

    管理人のレビュー

    O Romeo, Romeo! Wherefore art thou Romeo?
    『ああロミオ、ロミオ、あなたはなぜロミオなの?』

    O, I am fortune’s fool.
    『僕は運命に弄ばれる道化だ。』

    To be or not to be, that is the question.
    『あるべきかあらざるべきか?それが問題だ。』

    There are more things in heaven and earth, Horatio. Than are dreamt of in your philosophy.
    『ホレイショー、天地の間には科学では想像もつかないようなことがあるのだ。』
    ※philosophyが科学となっているのにはきちんとした理由があります。詳しくは本の122ページに書かれています。

    I hold the world but as the world, Gratiano,A stage where every man must play a part.And mine a sad one.
    『この世はこの世、グレイシアーノ、つまり舞台にすぎなくて、みんな演じる役割が決まっているのさ。で、私は悲劇の役なんだと思う。』

    I will tell you the beginning…for the best is yet to do.
    『初めを話しましょう・・・見どころはこれからですから。』

    このような有名なダイアローグを使って英語を勉強できる最高の本です。

    本自体の構成も素晴らしく、ダイアローグの下には詳しい語注があり、英会話や小説を読むために必要な実践的な単語を大量に身に付けることが出来ます。

    また、ひとまとまりごと(大体10ダイアローグ)に和訳があったり、各作品ごとの名句と解説やオススメのその作品が使われているシェイクスピアの本やマンガ、映画の紹介もあります。

    著者自身による朗読の音声も秀逸で、抑揚を付けて登場人物ごとに声色を変えて発音されているので音読するのに最適です。

    文法的な説明がないので基礎的な文法が身に付いていない初心者の方は手こずるかもしれませんが、現代英語に書き直してあるのでそこまで複雑な構文や分かりづらいところはないので、一通り文法を学ばれた方なら十分に使えます。

    シェイクスピアの作品は映画や小説などの多くの作品で聖書の次に多く引用されているので、英語力の向上だけでなく、英語圏の背景知識や教養を身に付ける上でも最適です。

    なので、この本はまさに非の打ち所のない完璧な学習書といえると思います。

     

    英語で味わうシェイクスピアの世界の購入はこちら