1. 『ローマの休日』を観るだけで英語の基本が身につくDVDブック

    価格 4.0
    使用感 3.0
    効果 4.0
    価格:
    1,620円(税込)
    ページ数:
    279ページ
    対象スコア:
    730点~

    聞ける!しゃべれる!本書だけのメソッド「音変化の7つのルール」を知れば、英語が面白いように聞き取れるようになる!きれいに発音できるようになる!日常会話で必須の230フレーズを網羅。きれいな発音・適度なスピードで、リスニング・スピーキング強化に最適。

    管理人のレビュー

    この本は『ローマの休日』をまるごと使って、英語の音変化や日常会話に使えるフレーズを学ぶための本です。

    本の内容は、勉強法や音変化の法則の説明があった後は、『ローマの休日』の本編のスクリプトになっており、英語の部分で音声変化があるところは音声変化が、表現の注目するポイントには表現の解説がついています。

    例を挙げると、「going to」の文の下に実際の発音である「gonna」と書かれていたり、「back in a」という文の下に「backina」と書いてあります。カタカナ表記とかはないのである程度英語が分かっている人が使うことが想定されています。

    映画をまるごと使って、音声変化を学ぶというコンセプトはいいのですが、映画が古すぎて画質が悪いのに加えて、字幕のフォントも古く、小さいので何度も見るのは辛いものがあります。

    著作権上難しいのかもしれませんが、もう少し新し目の映画(ロード・オブ・ザ・リングなど)で同じ本が出れば激しくオススメしますが、やはり画質の悪い白黒英語を何度も見るということを考えるとあまりオススメできるものではないというのが正直な感想になります。

    ただ、『ローマの休日』が世代の方は楽しんで学習が出来るかもしれないので、評価は少し高めにしておきます。以上です。

     

    『ローマの休日』を観るだけで英語の基本が身につくDVDブックの購入はこちら