1. こころの音読 名文で味わう英語の美しさ

    価格 4.0
    使用感 4.5
    効果 4.5
    価格:
    1,512円(税込)
    ページ数:
    141ページ
    対象スコア:
    730点~

    英米のノンフィクション作品から、読みやすく、叙情豊かに綴られた、内容の深い英文を集めました。こころの琴線に触れる名文を音読することによって、英語力が飛躍的に向上するのを実感してください。

    管理人のレビュー

    この本は、『愛と友情』『生きる喜び』『平和への願い』といった3つの分野において、学習するのに値する名文を何度も音読することによって、英語力の向上を図ろうとするものです。

    収録されている作品は以下のとおりです。

    【収録作品】
    デイル・カーネギー 『人を動かす』
    アン・モロウ・リンドバーグ 『海からの贈りもの』
    ミッチ・アルボム 『モリー先生との火曜日』
    ジャック・キャンフィールド、マーク・ヴィクター・ハンセン 『こころのチキ
    ンスープ』
    ヘレン・ケラー 『奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝』
    アン・サリヴァン 『サリヴァン先生の手紙』
    バートランド・ラッセル 『幸福論』
    リチャード・P・ファインマン 『困ります、ファインマンさん』
    アルバート・アインシュタイン 『アインシュタイン 晩年に想う』
    ロバート・フルガム 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』

    これらの作品の中から2ページから4ページ抜き出されて、作者や作品の紹介、音読のポイントなどが説明されています。

    この本使い方は至極単純でCD似合わせて何度も音読をするだけです。

    こういった名文は暗誦することによって、血となり肉となリマス。なので、一つの作品を1週間ぐらい掛けて暗誦してしまいましょう。1日に10回ぐらい音読をすれば意外と覚えられるものです。途中長い作品もあるので1週間は無理でも10日ぐらいあれば暗唱できるはずです。

    作品は10個なので1日10分で3ヶ月もあれば全て暗誦ができます。

    本を一冊暗唱してしまうと脳の中に英語の回路がしっかりと確立されるので、その後の学習が非常に楽になります。1日10分~15分で出来ることなので日々の生活に取り入れてみましょう。

    ちなみに大学受験やTOEICなどの資格試験が控えている方は、別の本で勉強しましょう。

     

    こころの音読 名文で味わう英語の美しさの購入はこちら