1. 日本語で覚えるネイティブの英語発音 3週間であなたの英語が見違える島岡メソッド

    価格 3.5
    使用感 4.0
    効果 4.5
    価格:
    2,052円(税込)
    ページ数:
    244ページ
    対象スコア:
    470点~

    警句→cake、揚げ豆腐→l get off、馬鹿!→back up、毛穴だ!→Canada、隆雨→call、etc.日本語を活用して自然な英語の発音をマスターする画期的メソッド。

    管理人のレビュー

    口の形や舌の動かし方は最小限に日本語の似ている音の単語やカタカナ表記のイメージを使って発音を身に付けようとする本です。

    例えば、「Canada」という単語の場合、まず、ターゲットの発音「æ」の読み方「ェア」と説明があり、次に単語の読み方「ケアナダ」とワンポイントアドバイス『「毛穴だ」をイメージして』があり、最後に発音の説明『「ケ」「ア」を同時に発音するイメージです。出だしは、日本語の「エ」よりも横に大きく開いて、勢いよく発音しましょう。』があります。

    また、この本が優れているのは、似ている音同士を使い分けられるような様々な工夫がされていることです。

    例を挙げると、「R」と「L」の音の違いを学ぶ時、「R」の音は同じ唇を突き出して発音する「W」の音と、「L」の音は同じ舌先を歯茎の裏に押し当てて発音する「N」の音と一緒に学ぶことに寄って、発音の違いが明確に意識できるようになっていることです。

    この他に「R」が母音になった時の2つの発音の仕方といったことや文の最後の「L」の発音の仕方など細かいところにも説明が行き届いています。

    もう少し、口の形や舌の動かし方などを説明してほしいという感じはありますが、それでもかなりよく出来ていると思いますし、初心者の方が英語の発音に入っていくのには最適な本であるとも言えます。

    なので、まず、この本から入って、「ネイティブスピーク」などで本格的な口の形や舌の動かし方を学ぶと発音では苦労しなくなると思います。

    この本は21日のプログラムが組まれていますが、1日の分量がそんなに多くないので、毎日3日分ぐらいをこなして1週間で1周を目標に1ヶ月で4周を目指して学習しましょう。そして、2ヶ月目から7日分を1日でこなし3日で1周を目標に1ヶ月続けたらこの本は完成です。

     

    日本語で覚えるネイティブの英語発音 3週間であなたの英語が見違える島岡メソッドの購入はこちら