1. TOEIC(R) L&Rテスト 超即効スコアUPテクニック114

    価格 3.0
    使用感 4.0
    効果 4.0
    価格:
    1,836円(税込)
    ページ数:
    352ページ
    対象スコア:
    470点~

    累計20万部のメガヒットを放って6年、ハーバードでの「修業」を終えた著者が、「史上最速のスコアアップ法」を明かす!問題文を見ただけで答えがわかるーーみなさんは、そんなことがあると思いますか。答えは、イエスです。本書はハーバードで修業を積んだ著者が、「こういう問題が出題されたら、これが答え」という「法則」をお伝えする本です。やれば必ず、スコアがめざましく上がり、これまでやっていた地道な勉強は何だったのかと、後悔の念すら覚えるかもしれません。それほど、劇的な効果があります。

    管理人のレビュー

    現在のTOEICのスコアが600点以下の人にとっては神的な本になる可能性を秘めた本です。

    紹介されているテクニックは、PART1の『列になっている写真が出れば「in a row」、森の小道の写真は真直ぐなら「run」曲がっていれば「wind」などの即効性のあるものから、』、PART6の『「プラスマイナスから解く」』PART7の『クロス問題は「数」「人物」でるなどの出題傾向』まで様々なテクニック?が紹介されています。

    また、TOEICに頻出のフレーズ集や重要ボキャブラリー、日本人には聞き取りにくい英語表現に模試と盛りだくさんの内容になっています。

    特に各パートごとの頻出のフレーズ集の選定がとてもよく、「prop up against」「overlook the river」「potted plants」など本番で実際に出ているものばかりとなっています。

    ただ、この本がオススメな一番の理由はロス・タロック先生が問題制作に関わっているからです。

    TOEICの参考書ので信頼できる著者と言うのは最近では多く出てきていますが、TOEIC教材制作スペシャリストといえばロス・タロック先生です。信頼できる著者の本であっても校閲するネイティブが変われば、問題のクオリティーに若干差が出てしまいますが、ロス・タロック先生の名がクレジットに入っていれば、本番と同じクオリティだとの安心が持てます。

    なので、この本に出てくる英文は全てTOEIC本番に出るものと思って安心してやりこむことが出来ます。このことが一番大きいです。

    本全体の感想としては、600点以下の人にとっては神本、730点までの人にとっては良本、それ以上の人にはあまり得るものはなくなります。

    あと、一つだけ注意点を書いておくと、この本に載っているテクニックは当たり前ですが100%有効なものではありません。なので、TOEICの本番でテクニックが当てはまらない問題は何問かはあります。しかし、8割~8割5分ぐらいはこの本に載っているテクニックは使えるので、730点までの人はこの本に載っているテクニックを盲目的に信じたほうがスコアが上がりやすいといえます。

    何度もテストを受けないと得られないTOEICの勘どころを1冊で身に付けられる貴重な本なので、TOEICを受けるのが初めて~3・4回目ぐらいの人やなかなかスコアが600点を超えられないという人は迷わず買いだと思います。

     

    TOEIC(R) L&Rテスト 超即効スコアUPテクニック114の購入はこちら