1. イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880

    価格 3.0
    使用感 3.0
    効果 3.0
    価格:
    1,620円(税込)
    ページ数:
    502ページ
    対象スコア:
    470点~

    通勤通学中、トイレ中、休憩中etcスキマ時間に見るだけ!1単語わずか15秒。効率的に勉強したい人のための「イラスト記憶法」を使った画期的な1冊。

    管理人のレビュー

    この本はイラストやダジャレ(ゴロ合わせ)を使ってTOEICによく出る英単語を暗記していこうとするものです。

    レベルが3つに分かれており、TOEICの最重要語彙はイラストと語呂合わせ、高得点を狙うための必須単語はイラスト、その他は意味のみという構成になっています。

    ここからはいきなり結論から入りますが、はっきり言ってこの単語帳はオススメできません。その理由は至ってシンプルで、TOEICに対応していないからです。

    本のサブタイトルにTOEIC完全対応と書いてあり、本を開くとTOEICのことばかり出てきており、TOEICを意識して作られていると思いますが、はっきり言ってTOEICで出る単語とズレがあります(janitorとかTOEICでは見かけたことがないです)し、単語自体はTOEICで出るものであっても訳語がTOEIC用(ビジネス英語での意味)になっていないものが多くあります。

    例えば、terribleという単語の訳が「恐ろしい」の一つしか書いてませんが、terribleはterrible mistake(ひどい間違い)のようにひどいという意味の方がよく使います。

    また、例文がTOEICでは絶対にでないような例文だらけです。例えば、He dominates his enemies.[彼は敵を支配する]などの例文が載っていますが、TOEICで出題されるのはWe dominate the competition.[私たちは競合に対して優位に立つ。]のようなビジネス英語です。

    また、amountのような高校一年生で習うような単語と、scrutinizeのような英検1級レベルの単語が一緒に載っているなどレベル分けがムチャクチャ過ぎます。なので、レベルに合った知らない単語だけを覚えていくということが出来ません。

    さらに基本的に単語は意味しか載っていないので、TOEICで重要なコロケーションなどの知識が覚えられません。

    例えば、blameはforとよく一緒に使われるということやadhereはtoがついて「遵守する」という意味になるなどと言った知識を少しをでも載せてほしかったというのが正直なところです。

    この他にも音声がついていないことや発音記号がなくカタカナで発音が書いてあるなどといったマイナス要素が多く、TOEIC向けではないかなぁと言うのが感想です。

    そもそも私はTOEICで言おうところの800点以下の単語は、ゴロ合わせで覚えるべきでないと考えています。

    理由はそういった基本語彙をゴロ合わせで覚えると繰り返せば繰り返すほど、その単語に触れた時にゴロ合わせの映像が浮かんでくるようになるため、それらがノイズとなってリスニングやリーディングの妨げになるからです。

    特にTOEIC800点以下の単語は頻繁に耳にする単語ばかりなので、この影響が大きく英語力向上の妨げになります。

    なので、これらの単語は脊髄反射で意味が出てくるような方法(こちらのページで紹介しています)で覚えたほうが結果的にはスコアが上がりやすくなります。

    結論は繰り返しになりますが、この本はオススメできません。

     

    イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880の購入はこちら