1. Merriam-Webster’s Vocabulary Builder

    価格 5.0
    使用感 4.0
    効果 5.0
    価格:
    814円(税込)
    ページ数:
    712ページ
    対象スコア:
    860点~

    Specially designed to improve use and learning of language. Thorough coverage of 1,200 words and 240 roots while introducing 2,300 more words. Organized by Greek and Latin roots for effective study with nearly 250 new words and roots. Includes quizzes after each root discussion to test progress. Great for students preparing to take standardized tests.

    管理人のレビュー

    この本は、250の語源を使って3500語を超える英単語を覚えられる本です。

    この本は最初にテーマとなる語源の説明があった後、その語源を使った単語が4つほど紹介されています。それぞれの単語は発音記号と意味、例文、そして150-300wordの長めの単語の説明があります。

    また、2つの語源毎にレビューテストも付いており、キチンと覚えられたかを確認することが出来るようになっています。

    この本の売りは、かなり詳しい単語の説明がついていることで、単なる語源や使い方にとどまらず、トレビア的なことまでかなり知的好奇心をくすぐる深い内容になっています。

    全部で30ユニットあるので1ヶ月で1周するのが理想ですが、1つのユニットが1時間弱位かかるので分割して2ヶ月で1周というのが現実的です。この本はメチャクチャ詳しい単語と語源の説明はありますが、覚えるための仕組みが少し乏しいので何周かしないと身に付かないと思います。

    扱っている単語のレベルは英検準1級から英検1級、SATレベルで他の洋書のボキャビル本に比べて低いですが、単語の説明で使われている英語を読みこなすためには英検準1級の単語はレベル(TOEICだと860点レベル)は完璧でないと厳しいと言えます。

    正直な話この単語を終わらせたら、単語帳を使ってやる語彙の練習はひとまず完成といっていいと思います。かなりの数の語源と単語を覚えられるので、日本で生活して英語を使う分には外資系だろうとどこだろうと、その仕事特有の専門用語を除いて、この単語帳以上の語彙が必要になることはないと言えます。

    なので、この本が最後のゴールだと思って頑張って学習しましょう。

     

    Merriam-Webster’s Vocabulary Builderの購入はこちら