1. Vocabulary Cartoons: SAT Word Power

    価格 3.0
    使用感 4.0
    効果 4.0
    価格:
    1,439円[洋書のため随時変動](税込)
    ページ数:
    347ページ
    対象スコア:
    800点~

    Collects cartoons and rhyming phrases designed to improve vocabulary.

    管理人のレビュー

    この本は、ダジャレとイラスト、リズムを使ってSATに必要な単語を覚える本です。

    例えば、incite[(怒り・好奇心などを)起こさせる,かき立てる。]という単語の場合、The pitcher’s bean ball incited the batter to fight.[投手のビーンボール(故意の危険球)が打者を乱闘へと掻き立てた。]というようにinciteと発音が近いfightと組み合わせた例文に打者に危険球があたっているイラストと打者が投手に飛びかかっているイラストが描かれています。

    他にもlax[いい加減な,怠慢な、軽率な]という単語では、This is what happens when you are lax in paying your tax.[これがあなたが税金を滞納した時に起こることです。]という例文とともに警察官に連行されていく様子がイラストになっています。

    さらにabridge[短縮する]では、An abridged bridge.[短縮された橋]では、橋が半分しかなくて車が落ちていっているイラストが、amplify[拡大する]という単語ではDr.Frankie amplified the ant and flies to monstrous proportion.[フランキー博士はアリとハエをアリえないほどに巨大化させました。]という例文とともにアリとハエが薬で巨大化しているイラストがあります。

    イラストの説明ばかりになりましたが、どれも本当に頭に残る例文とイラストでスイスイと学習していくことが出来ます。また、10単語ごとに単語と正しい意味を結びつける問題と空欄補充問題があり、キチンと覚えられたかのテストがあるなどとことん覚えさせることにこだわった構成になっています。

    収録語数は290語と少ないですが、その分きっちりと身につくようになっています。続編(Vocabulary Cartoons: SAT Word Power)や他のシリーズ(SAT対策以外)もあるので、気に入ればドンドンと覚えていくことが可能です。

    ただ、一つ注意点を上げるとSATは英検1級と単語レベルは大体同じ(SATのほうが少し上)なので、英検で言うと準1級ぐらいの英語力がないと例文や単語の意味を理解するのに手こずる可能性があります。なので、最低でも英検準1級、TOEICでは800点を超えてから取り組むようにしましょう。

    それぐらいのレベルで取り組むと本当に楽しく、そして短期間で語彙力を伸ばすことが出来ますよ。

     

    Vocabulary Cartoons: SAT Word Powerの購入はこちら