「なぜ、あんなに勉強したのに全然解けなかったんだろう」
「私にはやっぱり英語の才能はないのかもしれない」
「こんなことも出来ない自分はなんてダメなんだろう」

TOEIC受験後、あなたはこのように感じているのではないでしょうか?

実際、私自身もTOEICのスコアが伸びない時はこのように感じ何度も勉強をするのをやめようとしました。ただ、何とか踏みとどまってTOEICで満点が取れるようにまでなりました。

そんな私の経験からTOEIC受験後に次の試験でスコアを上げるために見直すべき最重要ポイントをお伝えできたらと思います。

そもそも「自分をダメ」と思えるということは現状の自分に満足していないということです。言い換えるなら、理想の自分と現状の自分の差を埋めようとする強い力が働いているとも言えます。その力をスコアを伸ばすために使えば、必ずスコアを上げることが出来ます。

TOEIC受験後に見直すべき3つのポイント

ではい、いよいよTOEIC受験後に見直すポイントを紹介していきます。

1.単語やフレーズを理解できたか?


まず、最初に見直すべきポイントは単語やフレーズが理解できたかどうかです。TOEICテストには特有の単語やフレーズがあり、それらを覚えていないと英語力は合っても点数が取れないということが起こってしまいます。

なので、まずは、単語やフレーズがしっかりと理解できたかを確認しましょう。もし、単語やフレーズが理解できていないと感じたのであれば、「TOEICのリーディングに必要な英単語を最速で記憶する方法」というページで単語の覚え方を紹介していますので、頻出単語やフレーズを覚えてしまいましょう。

暗記は「面倒くさい」と感じる人もいるかもしれませんが、TOEICは出題される単語やフレーズは大体決まっているため、それらを覚えれば覚えれるほどスコアは簡単に上がります。

また、模試本(TOEIC L&Rテスト 至高の模試600問等)を使って設問文のパターンを覚えてしまうことも重要で、特にリスニングの設問文のパターンを覚えてしまえば先読みがものすごく楽になり、多少詰まったとしてもすぐにペースを取り戻せるようになります。

なので、面倒くさがらずに単語やフレーズは暗記していきましょう。

2.解答テクニックは上手く使えたか?

「PART1・2の消去法やPART3・4の先読みなどの解答テクニックが上手く使えたか」を確認しましょう。他の項目(単語不足や文法不足)などは確認する方法はいくらでもありますが、本番という緊張感のある中で解答テクニックがしっかりと使えたを確認できるのは試験を受けた直後しかありません。

特にPART3・4の先読みが上手くいったかどうかは、見直すべき最重要ポイントです。PART3・4の先読みが上手く出来たかどうかで100点ぐらいは平気で変わってきます。なので、必ず確認しましょう。

そして、その際、どのような理由で解答テクニックが上手く使えなかったのかも確認しましょう。例えば、私の場合、分からない問題をなかなか捨てられずに固執してしまった為に先読みのタイミングを崩してしまうということがありました。

このように一つ一つ原因を分析して原因を見つけて対策をしていきましょう。

原因 対策
分からない問題に固執してしまった。 模試本などで先読みの練習(分からない問題を捨てる練習)を徹底する
ヘッドホンで勉強していたため周りの雑音で集中できなかった 普段からヘッドホンを使わないで解く練習をする
そもそも、音がぜんぜん聞こえなかった 発音練習をもう一度徹底する
単語やフレーズが分からなかった 単語やフレーズの暗記をする
吹奏楽が急に演奏を始めた 運が悪かったと諦める。

どれも当たり前のことですが、TOEICの受験直後に見直すことによって、試験攻略の戦略を立て直すことが出来ます。なお、リスニングの詳しい勉強法については、「TOEICリスニング勉強法~初心者から900点までこの方法でOK~」のページに書いていますのでそちらを参考にしてみてください。

3.文構造が理解できたか?

文法問題が解けたかどうかは思いの外、曖昧になってしまいますが、文構造を理解できたかどうかは簡単に確認することが出来ます。

PART5で文の構造をひと目で見抜くことが出来ない又は単語やフレーズが分かっているのに文の意味が取れない場合は文法を見直す必要があります。

池上彰さんと佐藤優さんの共著である「僕らが毎日やっている最強の読み方」のなかで語学は結局は語彙と文法だと書かれています。

この意見には私も賛成でTOEICといえども語彙力と文法力の強化無くしてはスコアを伸ばすことは出来ません。その中でTOEICにおいて語彙力不足は多くの人はすぐに気づくことが出来ますが、文法力不足については気づきにくいと言えます。

その理由は明白で、文法力が曖昧でもTOEICの頻出パターンをある程度覚えてしまえば、文構造をとれなくてもある程度スコアを取れるようになるからです。しかし、それでもブレイクスルーを起こして860点・900点の壁を超えていくのは難しくなってしまいます。

なので、停滞することなくスコアを伸ばしていきたいという方は常に文法と英文の構造を意識して勉強をしていきましょう。

ちなみに、TOEICに於ける文法力は「魔法の英文法ノート」と「魔法の英文読解ノート」を無意識レベルまで落とし込む事ができれば十分に満点を狙えるだけの文法力を身に付けることが可能です。

まとめ

いかがでしたか?この記事では「TOEICの出来が良くなかった人が見直すべき3つの最重要ポイント」をご紹介しました。どれも当たり前のことですが、この点をしっかりと押さえてTOEIC後の勉強法を見直すことは必ず短期間でのスコアアップにつながります。なので、「そんなこと分かっているよ」などと思わずにしっかりと見直しをして勉強計画を立てていきましょう。

それでは最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。