「前置詞がどうしても分からない」
「不定詞と動名詞の使い分けが分からない」
「関係詞の問題はいつも間違えてしまう」

のような悩みをお持ちではないでしょうか?

実を言うと、私も文法の中では関係詞が大の苦手で克服するまでにはかなりの時間がかかりました。もちろん、今では関係詞の問題で間違うことはありませんし、TOEICの文法項目のアビリティメジャーは100%です。

いきなり結論から入りますが、苦手な文法項目を攻略するにはその文法項目を根本的に理解するしかありません。

目標のスコアが600点ぐらいというのであれば、頻出するパターンを覚えて難しい問題は捨てるという戦略を取ることも出来ますが、最終的に高得点を目指すのであれば文法の理解は避けては通れません。

これはPART5の文法問題だけではなく、PART6・7のリーディング、リスニングを含めた全ての英語学習の基礎が文法にあるからです。リーディングで正しく文の意味を理解するにもリスニングでしっかりと内容を把握するにも文法の学習は欠かせないのです。

では、どのように文法の苦手項目を攻略すればいいのかというと、動画講義「スタディサプリ」をオススメします。

スタディサプリをオススメする3つの理由

学習負荷が少ない

動画講義の一番のメリットは学習負荷が少ないことが上げられます。本で苦手項目を勉強するというのはいかにも大変で、内容が頭に入らず、知識の吸収が遅くなったり、眠くなったりと数ページ学習するだけでも大量のエネルギーを必要としますし、何度も繰り返して学習するのは大変です。一方の動画講義ではただ観るだけでよく学習に対する負荷が低いと言えます。もちろん、しっかりと内容を理解するにはある程度の集中は必要となりますが、それでも本を読むよりは遥かに消費エネルギーが少なくなります。また、再生速度を変えれば短期間での復習が出来ます。

圧倒的なわかり易さ

動画講義は密度という面では参考書には少し劣りますが、わかり易さという面では圧倒的に動画の方が上です。特にスタディサプリのような実力派の予備校講師だけを厳選している場合はその傾向は顕著です。参考書でも同じではないかと思われますが、参考書では細かなニュアンスが表現しづらいですし、的中率を上げるために受験に出ないところはバッサリとカットされていることが多々ありますが、動画講義ではそういったことはなく、細かなニュアンスまでしっかりと書かれています。

値段が安い

動画講義のメリットの一つに一流講師の授業が格安で受けることが出来るということがあります。通常予備校の授業では1科目が7万円から12万円ほどとかなりの高額となっています。しかし、スタディサプリの場合、月額980円で1万本以上の動画見放題になっています。これは画期的なことで参考書1冊よりも安い値段で好きなだけ動画授業を受けることが出来ます。

まとめ

まあ、動画講義の良さを色々と書いてますが、実際にどんな授業なのかを診てもらうのが一番早いと思います。なので、「スタディサプリ」の公式ページで授業を受けてみてください。

何の登録もしなくても英語だけでも数十時間の動画をみることができます。なので、一度視聴してみて分かりやすいと思えたなら、無料登録をして苦手項目を徹底的に潰すことをオススメします。

スタディサプリ自体は有料サービスですが、14日間の無料登録期間があるので、苦手を潰すだけなら、その期間だけでも十分に活用できます。また、TOEICの攻略テクニックや読解法などがわからない方は、「スタディサプリ TOEICテスト対策」もありますので、そちらも活用しましょう。

とにかく、TOEICで高得点を狙う方は動画講義なども上手に活用して早い内に苦手項目を攻略してしまいましょう。

苦手項目を放おっておくと、「スコアが停滞する」「点数が伸びない原因がわからない」「何をやってもこれ以上点数が上がる気がしない」などの状態になりますので、今のうちに対処して苦手項目を攻略してしまいましょう。