ダメだ
どうやっても
PART5が解けるようにならない・・・

問題集で勉強している時は解けるのに、
本番になると全く答えが見つからない。

もう、どうしたらいいんだ・・・

あなたはこのような悩みをお持ちではないでしょうか?

最新の文法項目のアビリティメジャーを見てみると、
語彙・文法ともに60%前後となっており、
多くの方が半分近く間違えているというのが現実です。

そこでこのページではPART5で伸び悩んでいる人が、
どういったところに気をつけて勉強していけばいいのかをご紹介します。

 

PART5の勉強法については、「TOEICに必要な基礎文法を身につけるオススメ参考書はコレ!!」TOEICのPART5・6(文法・語彙問題)の実践的勉強法」でも詳しく書いています。なので、はじめてPART5を学習される方は、上記のページを参考にしてみてください。このページでは、伸び悩んだ時に見直すポイントに絞って解説をしています。

語彙をしっかりと覚えているか

スコアが伸びない時は、
まず最初に語彙力を確認しましょう。

TOEICに限らず語学において、
一番重要なことは間違いなく、

語彙を覚える

ことです。

なので、TOEICのスコアが伸びない時は、
真っ先に語彙力が足りているか確認しましょう。

TOEICで出題される語彙は、

TOEIC L&R TEST でる単特急 金のフレーズ
でほとんどカバーできます。

なので、
この本をどれくらい覚えられているかで
現在の実力を確認しましょう。

最近(2017年の中ほどから)では、PART7の一部でこの本を超えた単語がいくつか出題されていますが、PART5に関しては、この本だけで十分です。ただ、どうしても心配な方は、「TOEIC(R)TEST必ず☆でる単スピードマスター上級編」などで補強しましょう。

この単語帳の具体的な使い方は、
英単語を最速で記憶する方法
で紹介しています。

なので、簡単にエッセンスだけをまとめておくと、

英単語の暗記は
「短期間で大量に繰り返す」
というのが鉄則です。

東大生などの一部の頭のいい人を除いて、
私達のような凡人がたった2・3回の繰り返しで
単語を覚えるというのは不可能です。

また、あまり面白くない単語の学習を
半年や一年間続けるというのはかなりツラいです。

なので、1ヶ月から1ヶ月半という短期間で
大量に繰り返して、一気に頭に入れてしまいましょう。

文法を本当に理解できているか

PART5が解けるようにならない人は、
実戦形式の問題集ばかり解いている。

これは間違いない真実だと思います。

最近の勉強法の本は
アウトプットばかりに焦点が当てられており、
インプットに対する比重が低くなっています。

しかし、新しい知識を身につけるにあたって、
アウトプットをする前に体系的な知識は絶対に必要です。

人間の記憶は連続性によって成り立っており、
ある程度体系的に学ばないと記憶することは不可能です。

そもそもアウトプットの重要性を解いている勉強法の本でも
インプットばかりやっていて成績が伸びなくて、
アウトプット中心に変えて成績を伸ばした。

と言うものがほとんどで、

最初から過去問と問題集ばかりというものありません。

なので、スコアが伸びなくなった場合は、
実戦形式の問題集を一旦止めて、

もう一度基礎から体系的に文法を学ぶことが近道です。

基礎からの英文法の学び方は、
TOEICに必要な基礎文法を身につけるオススメ参考書はコレ!!
で書いていますのでそちらを参考にしてみてください。

ただ、基本的にリーディングのスコアが350点以下の方は、

世界一わかりやすい英文法の授業
で英文法全体を復習することをオススメします。

この本は出来るだけ暗記を排除して、
英文法の大切なところ(TOEICでもよく出る所)を
懇切丁寧に説明がしてあります。

ある程度上級者で英文法をもう一度学び直したい方には、

日本一成績が上がる魔法の英文法ノート
をオススメします。

こちらは「世界一わかりやすい英文法の授業」に比べて、
かなり細かな文法事項も取り扱っているので、
英文法の抜けをなくすのには最適です。

また、英文法の起爆剤としては、

英単語イメージハンドブック
をこなすのもスコアアップに役に立ちます。

タイトルが英単語イメージハンドブックとなっていますが、
中身は単語を中心とした英文法の解説ですので、
英文法を別の角度から捉え直すことが出来ます。

英文法の参考書は定期的に全体を見直すことによって、
あいまない所がなくなり知識がしっかりと定着します。

なので、問題集ばかりをやらずに、
全体的な英文法の復習は必ず行いましょう。

馴化が起こっていないか

同じ参考書や問題集を何度も繰り返すのは、
英語の勉強にかかわらず非常に重要ですし、
このサイトでも勧めています。

⇒「世界一分かりやすい「頭が良くなる勉強法」

一方で同じ参考書を繰り返すことのデメリットもあります。

それは、

馴化じゅんか

です。

馴化
ある刺激がくり返し提示されることによって、その刺激に対する反応が徐徐に見られなくなっていく現象【ウィキペディアより引用】

 

馴化を簡単に言うと、
「慣れ」とか「パターン化」
といったことです。

問題集を繰り返し解くうちに答えを覚えてしまい、
ただ、反射的に答えを導き出しているだけで、
勉強しているつもりでも全く勉強になっていない。

このような状況の事を言います。

プロのスポーツ選手やアスリートの方は、
こういった馴化が起きないように様々な工夫をしています。

例えば、

ハンマー投げの室伏広治選手はバーベルなどの先に
ハンマーを付けて揺らしながトレーニングをして
刺激が単調にならないように工夫をしています。

また、メジャーリーガのダルビッシュ選手も
チェーンをキャンプに持ち込んでウエイトをしています。

このように一流の選手は様々な工夫をしています。

馴化を避けるために英語学習で出来ることは、

時間を制限して問題を解く、
新しい参考書に取り組む、
一旦時間を置いてから取り組む等々・・・

色々な方法がありますが、

一番オススメなのが、

英文解釈の勉強をする

ことです。

英文解釈の勉強をする意味

英文解釈の勉強というと

最近のトレンドとは違い古臭い印象があり、
英文解釈なんか勉強しているから速く読めない

といったような悪者扱いをされがちですが、

TOEICで高得点を取るためには英文解釈力
つまり英文の構造を理解する能力は絶対に必要です。

また、英文解釈を一度しっかりと勉強すると、
英文の構造を瞬時に見抜ける力が付き、
何となく読んでいた英文の意味が、
はっきりと分かるようになります。

「TOEICの問題集を解いているのにスコアが伸びない」
という方はぜひ一度英文解釈の練習をしてみてください。

英文解釈の勉強をしてからだと、
同じ参考書や問題集を読んでいても
全く違う世界が広がります。

つまり、同じ問題を読んでいても英文構造を
しっかりと考えるようになるため、
新しい刺激として認識されるのです。

そして、これが馴化を壊すキッカケになります。

なので、
TOEICではこんなに難しい文は出ない
などと思わずにしっかりと勉強しましょう。

英文解釈のおすすめ参考書

英文読解入門基本はここだ!

英文解釈のおすすめ参考書は、
繰り返しになりますが、

やっぱり、

英文読解入門基本はここだ!改訂版」ですね。

PART5に関してはこの本が理解できていれば、
問題文の英文構造がわからないということはなくなります。

魔法の英文読解ノート

TOEICの英文を完璧に読みこなしたいという方は、

魔法の英文読解ノート
まで終わらせることをオススメします。

この本まで終えればTOEICで読めない文章は、
完全になくなります。

ポイント

「魔法の英文読解ノート」で使われているような複雑な英文はTOEICではほとんど出ません。ただ、この本のような少し複雑な英文を正確に読み解く訓練をしておくことによって、PART5・6の文法問題は自信を持って応えられるようになりますし、英文全体の読むスピードが上がるため、結果としてリーディングのスコアがグーーンと上がります。特に現在のスコアが730点前後でスコアが停滞している人には効果バツグンですよ。

最新の問題集を使っているか

英文法の基礎を身に付ける参考書は
少し古いものでも問題はないです。

また、TOEICの頻出問題を扱った参考書も
ある程度古くても大丈夫です。

ただ、試験の傾向を押さえるための参考書は
最新のものでないと意味がありません。

TOEICは大学入試などとは違い、
出題傾向が目まぐるしく変わっています。

特に新形式になってからはその傾向が強く、
新形式前の参考書ではやはり対応できません。

なので、直前対策などで使う参考書は、
出来るだけ新しいものを使いましょう。

最新傾向を押さえるおすすめ参考書

最新傾向を押さえる参考書としては、
以下ものがオススメです。

1日1分!TOEIC L&Rテスト千本ノック!

一番のおすすめは何と言っても

1日1分!TOEIC L&Rテスト千本ノック!」です。

今現在、最新傾向を最も反映されているのは、
間違いなく、この「千本ノック」シリーズです。

千本ノックシリーズは解説は少し弱いですが、
テストで頻出のものばかりなので絶対にやっておきましょう。

TOEIC L&R TEST900点特急パート5&6

次におすすめなのは、

TOEIC L&R TEST900点特急パート5&6」です。

こちらは前著からの改訂版ですが、
最新傾向に合わせて大幅に改定がしてあります。

「特急シリーズ」も信頼できる著者が
書いているものがほとんどなので、
最新刊は必ず押さえておきましょう。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

これらをポイントを押さえていけば、
PART5のスコアは必ず上がっていくはずです。

では、まとめていきましょう。

  • 語彙をしっかりと覚えているか
  • 言語学習の基礎は語彙の暗記。TOEICも例外ではなく、語彙力がないとどうしようもない。

  • 文法を本当に理解できているか
  • 定期的に文法を体系的に見直すことは、スコアを上げるためには必須。

  • 馴化が起こっていないか
  • 同じ刺激ばかりだと脳は情報を入れなくなる。英文解釈などの勉強を挟んで再活性化をしよう。

  • 最新の問題集を使っているか
  • 新形式以降、問題の傾向は激しく変わっています。必ず最新の問題集で勉強しましょう。

この中から一つでもいいので実践していきましょう。

そうすると、必ずPART5のスコアは良くなっていきます。

なので、ぜひ試してみてください。