こんにちは、ツカけんです。

3月12日のTOEIC【第218回】を受験された皆さん、お疲れさまでした!

ここでは今回のTOEICの感想を簡単に書きたいと思います。

<講評>
Part1: やや難
Part2: やや難
Part3: 普通
Part4: マークミスのため測定不能
Part5: 「普通」か「やや簡単」
Part6: 少し難
Part7: 普通~やや難

リスニングでは、PART1では出る写真の傾向が大きく変わったように感じました(ビジネスに関連する問題が1問だけだった)。

今回出たのは、男性が机に乗りかかっている(leaning over)写真、雪山の階段を登っている写真、掃除機を掛けている写真、女性が並んで座っている写真、道に自転車が持たれ掛けられていてそばに観葉植物がある写真、と後一つ(忘れました)の6枚でした。道に自転車が持たれ掛けられていてそばに観葉植物がある写真の問題が難しかったです。

PART2は序盤は簡単でしたが、途中から捻くれた答えが回答になる問題が増えたので、これまでテクニックだけで乗り切っていた人は点数が下がるかもしれません。

PART3と4は、難しめの問題が少なく先読みさえできていれば、何とかなる問題が多かった印象です。図表問題も複雑なものは一つだけで後は解きやすかったと思います。ただ、PART4に関しては途中でマークミスをしたことに気づき最後の9問ぐらいは解けていないので正確にはわかりません。

PART5に関しては、最近頻出のbutの前置詞の用法など、定番問題が多く、比較的に簡単でした。語彙も今回は難しいのはなかったです。

PART6は文法問題は簡単でしたが、語彙問題と文挿入問題がかなり難しかった印象です。

最後のPART7は問題の難易度は高かったですが、前回に比べて読む量がかなり少なかったので、今回は15分近く余りました(前回は時間ギリギリでした)。新形式に移行してからPART7の難易度は試験ごとにかなりの落差があるので、次回は、読む量が増えて、問題が少し解きやすくなると推測できます。

以上が今回の試験に関する個人的な感想です。