TOEICの参考書に満点を狙う人は、「英字新聞やThe Financial Times」を読むべきと書かれている物がありますが、TOEICで満点を狙う人は「英字新聞やThe Financial Times」を読むべきなのか?

この点、私は必要ないと考えています。

確かに、英字新聞などに出てくる表現が実際にTOEICで出題されているのは確かな事実です。これは、TOEICがビジネス英語を基本として構成されているので当然です。

しかし、英字新聞などを使った勉強は効率という観点では非常に悪いと考えられます。なぜなら、英字新聞などを読みこなすのに必要な単語レベルは英検1級レベル(1万語五千語レベル)だからです。

これはTOEICで満点が可能と言われている語彙レベル(1万語レベル)を遥かに超えています。

※この満点が可能と言われている語彙レベル(1万語レベル)は、TOEIC対策における大家であるキム・デギュンが著書で書かれています。

このTOEICに必要な語彙レベルと英字新聞を読みこなすのに必要な語彙レベルの差は、5000語もあり、TOEIC対策のために英字新聞を読むのはかなり無理があるといえます。

また、最近ではTOEICの参考書のレベルが上がってきており、TOEIC対策本だけでも十分に難問対策ができることが挙げられます。

先の記事「TOEIC(R)テスト リーディングだけ 300問はもっと評価されるべき」で紹介したように難問だけを集めた問題集や日本よりも難しい語彙や文法が出題されている韓国の参考書の翻訳本など、難問対策や満点対策の参考書も充実してきました。

数年前までは、難問対策本は英検1級から流用やTOEICには絶対にでない語彙や文法を扱ったものが多かったですが、最近の参考書はしっかりとTOEICに沿った難問対策になっているので、英字新聞で語彙やフレーズを身につけるよりも遥かに効率的です。

以上のことからTOEIC対策で英字新聞を読む必要はないと考えられます。

【補足】英語力を付けるという観点では、英字新聞を読むのは非常に効果的です。ただ、それでもこれは日本語の新聞を普段から隅々読んでいる人向けといえます。普段から新聞をしっかりと読んでいない人が英語で英字新聞を読んでも楽しくありません。昔、英語力を付けるにはラブ・ストーリー映画や海外ドラマを①日本語字幕→②英語字幕→③英語音声のみの順で見るのがいいと書いてあったため、実際に取り組みましたが、全く続きませんでした(最初の日本語字幕の段階で挫折しました)。これは私が日本語でもラブ・ストーリーの映画を見ない性格だったからです。実際に日本語での興味のあるジャンルの海外ドラマ「ブレイキング・バッド」や「ハウス・オブ・カード」、「ホームランド」などは何回見ても飽きることなく、今でも見返しているほどです。このように興味のあるもので勉強しないと英語は続きません。リーディングに関しても私は「Death note」の英語版の漫画や英語の自己啓発書などで勉強しました。やはり、続けるためには興味のあることで勉強するのが一番重要です。