1. TOEIC L&R TEST サラリーマン特急 新形式リーディング

    価格 4.5
    使用感 3.5
    効果 4.0
    価格:
    907円(税込)
    ページ数:
    298ページ
    対象スコア:
    500点~

    TOEICリスニング対策書のベストセラー「サラリーマン特急 新形式リスニング」のリーディング編が登場! !現役サラリーマンの著者がTOEIC講師として、企業・大学向けに行っているTOEICスコアアップセミナーの内容を完全公開。

    管理人のレビュー

    この本は最初にパートごとの基本的な解き方を問題演習を通して紹介した後(PART5×24問、PART6×1パッセージ(4問)、PART7×5パッセージ(13問))、ミニ模試【PART5×5問、PART6×1パッセージ(4問)、PART7×1パッセージ(2~5問)】を通してのTOEICの定番問題の攻略を目指した本です。

    基本的にTOEICの受験者がケアレスミスなどをしやすい定番問題を扱っているので、難し目の文法問題や語彙問題は扱っておらず、レベル的には730点ぐらいまでの人が対象の問題集といった感じです。

    また、解説は他の特定のPARTだけを扱った特急シリーズに比べて、非常にシンプルで必要最小限(不正解の選択肢の解説がほとんどない)と言った感じなので対象者が非常に難しいとも言えます。出るとこ集中10日間! TOEIC(R)テストシリーズなどで基本的な解法を身に付けた人が、問題演習をするために使うというのが正しいと言えます。

    さらに、問題を15問前後解いてから一斉に解答解説というスタイルなのはいいのですが、問題の再掲がPART5だけなので、PART6、PART7の答え合わせをする時はいちいちページを戻らないといけというのが結構面倒くさいです(解答も正解はDみたいな書き方なのでページを捲らないと答えが分かりません)。

    一方で、1回の分量が少ないのに加えて、各パートの頻出パターンがもれなく網羅されているので、知識の抜けを確認するためには最適とも言えます。

    なので、すべての人にオススメできる本ではありませんが、600点~730点ぐらいまでの人が使うと結構使いやすく、頻出問題の取りこぼしが無くなるのではないでしょうか(あくまでも基本的な解法が身に付いているという前提ですが)。

    また、それ以上の点数の人でもTOEICの頻出問題をサラッと確認するという使い方も出来ます。

     

    TOEIC L&R TEST サラリーマン特急 新形式リーディングの購入はこちら