1. 澤井康佑の英文読解教室

    価格 5.0
    使用感 3.5
    効果 3.5
    価格:
    1,080円(税込)
    ページ数:
    240ページ
    対象スコア:
    600点~
    英文を読んで意味、内容がしっかりとれるようになる1冊です。これから長文対策を本格的に始めたい人や、英文を読める自信のない人、問題に取り組んでみたものの、なんとなく英文を読んで解答してしまい、ちゃんと内容を理解できている実感のない人にお勧めです。

    読めない、理解できていないのはなぜか?読み誤ってしまうのはどうしてか?そのポイントを的確に示して、読みかた、理解のしかたを丁寧にわかりやすく解説しています。澤井先生がわかりやすく講義しているので、最後まであきることなく、挫折することなく読みきれます。また、負担なく学習を進められるので,短期間で英文読解の土台づくりができます。

    管理人のレビュー

    この本は、一生モノの英文法で有名な澤井康佑先生の英文解釈の入門書です。

    入門書といっても英文法の学習がある程度終わっていることが大前提で、タイトルのように「超基礎固め」とはお世辞にも言えません。はっきり言って、一通り英文法事項が頭に入っていないとついていくのは少しツライと思います。

    具体的には、英文の構造図(SVOC)を見れば、英文の読み方が理解出来るという程度の文法力がないと途中で置いていかれる可能性があります。

    本の構成は、最初に2~3題の課題例文があり、それを解釈していきながら、文法事項を補足していくという流れになっています。

    解説は、いわゆる文法用語をふんだんに使った少し難解な学校英語ですが、解説は非常に丁寧です。ただ、全体を通して、課題となるテーマにおける解法の羅列といった側面は避けることが出来ない印象があります。

    このサイトで何度も紹介している「基本はここだ」や「魔法の英文読解ノート」などは、「主語の発見」「動詞の決定」「準動詞の処理」と言ったように、英文を読む上で必要な頭の動きを身につけるべく、体系的に構築されていますが、この本はあくまでもテーマとなる英文の解法の羅列です。

    つまり、この本を一冊やりきったとしても、英文を読むための明確な指針を掴むことは困難に感じました。

    なので、基礎を固めたい方は、やはり「基本はここだ」をオススメします。

    そして、この本は「基本はここだ」を終えた後、「魔法の英文読解ノート」に進む前の読解技術の確認演習として使うのが賢い使い方だと思います。

     

    澤井康佑の英文読解教室の購入はこちら