各地で連日35度を超える猛暑日が続いています。

日本気象協会が発表している気温予想を見ると7月いっぱいは、猛暑日が続くと予想されています。8月に入っても多少は気温は下がりますが、それでも30度を超える真夏日は続くと予想されています。

そういったこともあり、熱中症対策は必須です。そして、熱中症対策としていちばん大切なことは当たり前のことですが「水分の補給」です。

脱水症状を起こさないためにも意識して水分を取ることは絶対に必要です。

熱中症は強い日射しの下で運動や作業をする時だけに起こるものではなく、熱中症の死亡者のうち発生場所が分かっているものの半数は屋内だというデータもあることから普段室内にいる人もしっかりと水分を取る必要があります。

ただ、通常の水だと吸収力が悪いのに加えて、すぐに排出されてしまうので、塩分や糖分を含む飲料や塩分や糖分を含む塩飴などと一緒に飲むことをオススメします。

おすすめはやはり、「大塚製薬工場OS−1 経口補水液」です。

「OS−1 経口補水液」はWHOの提唱する経口補水療法の考え方に基づいた飲料となっており、電解質と糖質の配合バランスを考慮した経口補水液となっており、吸収率が高く、軽度から中等度の脱水状態の方の水・電解質を補給・維持するのに適しています。

箱買いをしておいて、午前中に1本、午後に1本などと決めておいてちょこちょこと水分補給をしていくことで熱中症は予防できます。

水分補給を意識的に取ることはこの季節は熱中症対策だけでなく、脳を正常に働かせるためには必須です。

勉強など一つのことに集中しているとついつい水分補給を忘れがちですが、必ず水分補給をしながら学習をしていきましょう。

ちなみに、OS−1 経口補水液の正しい飲み方は、先程も触れましたが、一気に飲まずに少しずつ飲んでいくことです。一気に飲むと吸収率がさがり、効果が薄れます。なので、あくまでも時間を書けて少しずつ飲むことが大切です。