1. TOEIC L&Rテスト990点攻略 改訂版 新形式問題対応

    価格 4.0
    使用感 5.0
    効果 5.0
    価格:
    2,484円(税込)
    ページ数:
    224ページ
    対象スコア:
    860点~

    新形式でも990点満点を連発する、人気TOEIC講師HUMMERの解き方がわかる!本書は、2013年7月に刊行された『新TOEICテスト 990点攻略』を、2016年5月以降の試験形式に合わせて加筆・修正したものです。

    ●パート別に、上級者でも落としやすい難問や、ツメの甘くなりがちなポイントを厳選して解説します。
    ●ハイレベル模試1セット付。
    ●英米豪加の4か国ナレーターによる音声CD付。

    ※本書の音声は、旺文社リスニングアプリ「英語の友」でもお聞きいただけます。詳しくは、公式ウェブサイト(http://www.eigonotomo.com/)をご覧ください。

    * * * * *
    旧版をお持ちのみなさま
    上記のとおり、今回の「改訂版」は、2016年5月以降の試験形式に合わせて加筆・修正したものですが、旧版の内容(問題・解説)も多く引き継いでいます。ご購入の際は、この点をご理解ください。

    管理人のレビュー

    TOEICで900点を超えさらにその上である990点を狙うためにはTOEICがそれぞれのパートで2・3問出題する難問を攻略することが必須です。

    なので、難問ばかりを集めた問題集を解くことによって一気に攻略するというのが一番の近道になる。しかし、そういった本はなかなか存在しない。

    その理由は簡単で、TOEICの平均点は560点~580点ぐらいなので需要がない(出版しても売れない)からだ。また、中途半端なスコアの人が難問ばかりを解くと簡単なものまで難しく考えすぎるようになり逆にスコアが落ちることがあるからだ。

    そんな中、本書はとても貴重だ。

    この本は、各々のパートに対して、900点超えや満点を目指す人が抑えておくべきポイントや表現がふんだんに詰め込まれている。

    PART1は高得点者が躓きやすい少し難解な表現が51個まとめられているし、PART2も同じように難表現がまとめられいる。PART3やPART4は解き方の説明と練習問題だけだが、全て難問だけで構成されているので効率がいい。

    PART5は、上級者が取りこぼしやすい語彙・語法に焦点をあてた練習問題が60題(+レビュー問題30題)ある。PART6は解き方の確認程度だが、PART7は練習問題が主体だが解説で目線の動かし方書かれているなどかなり丁寧な説明だ。

    特に感心したのはやはりPART5で練習で使った問題の他の部分を穴あきにしたレビュー問題だ。ここはこういった方法があるのかと感心した。

    また、PART5の英文は解答以外にもハイレベルな単語(本番そのままプラチナボキャブラリーでプラチナ難単語に指定されている単語)が使われているなど一切無駄がない。

    全体を通してみたが、私がこの本で役に立つと思ったのはやはりPART1・2の頻出難表現のまとめとPART5の難問だ。PART1・2の頻出難表現は知っていれば即答できるようになるし、PART5の難問は抑えておくに越したことはない(TOEICテスト究極のゼミPART 5語彙・語法【超上級編】TOEICテスト990点新・全方位文法&語彙と一緒に抑えおけばPART5の満点対策は万全だ)。

    なお、注意点としてはあくまでも本書は900点超えやその上の990点満点を狙う人のための本であるということだ。攻略テクニックなども高得点者用のものになっているので、出来れば860点、最低でも800点ぐらいないと少し厳しいと言える(特にPART5)。

    一方で、スコアが860点を超えている人で900点超えやその上の990点満点を狙う人にとってはこれ以上心強い味方はないと言えるので激しくオススメします。

     

    TOEIC L&Rテスト990点攻略 改訂版 新形式問題対応の購入はこちら