TOEIC 第235回(2018年11月18日)公開テストを受けて来ました。

受験された皆さん、お疲れさまでした!

それでは今回のTOEICの感想です。

フォームは、PART1の一枚目がホワイトボードを消している写真でした。

Part1 易
特に悩む問題はありませんでした。

難しい表現や引掛けもなく、易しめだったと思います。

Part2 普通
比較的に簡単な問題が多かったと思います。

ただ、ずらした回答が序盤から出ていたので、消去法などの解答テクニックがうまく使えていない人にとっては少し大変だったかもしれません。

Part3・4 易
全体を通して比較的簡単だったと思います。

図・グラフィック問題なども簡単なものが多かった印象です。

Part5 普通
全体的に標準的なレベルで、語彙問題も難しいものがありませんでした。

ただ、前回に引き続き前置詞の問題で悩ましいものが1問ありました。

Part6 普通
全体としては文も短めで分かりやすいものが多かった印象です。

一部で空欄の前後だけで判断すると間違えてしまうようなひっかけ(?)問題もありましたが、全文読んで回答している人にとっては問題がないと思います。

Part7 難
シングルパッセージでどう考えても答えが無いものが1問ありました。試験後、WEBや電子辞書や一緒に受けた友人などにも確認しましたが、答えがわかりませんでした。

全体としては、読む量こそそこまで多くはなかったのですが、チョックリスト、アンケート、ゲームの説明等々のイメージのしにくいものが多かった印象があり、意外と求められているレベルは高かったと思います。

ただ、全体的な単語レベルはそこまで高くなかった印象です。

以上が今回のTOEICの感想です。

 

P.S.

余談ですが、今回のTOEICはリスニングの時間が47分でした。

なので、パート6を終えたときにいつもよりも時間がかかっていると勘違いして少し焦りました。

これまで46分がスタンダードでしたが、これからは47分がスタンダードになる可能性もあるので、焦らずに解けるように気をつけたいと思います。