TOEIC 600点というのは多くの受験生にとって最初の壁となります。

たとえば、こういった悩みや問題を抱えている人も多くいます。

「昇進のためにTOEIC600点がどうしてもほしい」
「大学の単位認定にTOEIC600点が必要」
「どのような勉強方法とすればよいのか分からない」
「書店に行くと参考書&問題集が多すぎてどれを選んでいいか分からない」
「とりあえずTOEICで600点はほしい」・・・等々

ただ、安心してください。
TOEIC600点は少し頑張れば誰でも取ることができます。

実際、TOEIC受験者全体の平均点は580点前後ですし、新卒社員の平均点数が500点前後だということを考えれば、平均よりも少し頑張れば1ヶ月程度で十分に取得することが可能です。

このページでは、TOEICで600点を取るために最低限必要な参考書とその使い方を紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

では、ここからは具体的な勉強法をご紹介します。

※なお、中学英語の基礎がある方を対象にしています。

TOEIC600点を取るための単語の勉強法

TOEICで600点を取るためにいちばん大切なのは単語です。TOEICの単語は受験英語とは違いビジネス英語になるため、専用の勉強をしていないと対応できないということになります。

例えば、TOEICではBookという単語は「本」という意味よりも「予約する」と言う意味で使われますし、assumeという単語は「仮定する」という意味よりも「(責任などを)引き受ける」と言う意味で使われます。

このように受験英語と全く別の意味で使われるため、ビジネス英語としての意味をしっかりと抑えていないとTOEICでは使えません。

また、知らない単語自体が多い場合、文法や長文、リスニングにおいてもいちいち立ち止まって確認しなければいけないため、勉強の効率が上がりません。

なので、単語を覚えることが最重要課題です。

TOEIC600点を取るためのおすすめ単語帳は「TOEIC(R) L&Rテスト 基本単語帳」です。

この「TOEIC(R) L&Rテスト 基本単語帳」は、トラック数9075, 収録時間22時間にもおよぶ桁外れの音声素材がついています。

フォルダー1 見出し語 英語のみ 約55分
フォルダー2 例文 英語のみ 約57分
フォルダー3 例文 英語のみ10 回連続再生 約9.5時間
フォルダー4 例文の英→日 約114分
フォルダー5 例文の日→英 約113分
フォルダー6 例文の日→英(日本語と英語の間に瞬間英作文用のポーズ) 約3.1時間
フォルダー7 見出し語の英→日 約113分
フォルダー8 見出し語の日→英 約113分

レベル別に400点、600点、730点、860点、990点と別れていますが、基本的にはこの単語帳に載っている単語は、TOEICの基礎となるものなのですべて覚える必要があります。

覚える量は一日200語です。1ヶ月という短期間で600点を取るためにはこれが最低ラインです。

ただ、安心してください。記憶力にあまり頼らない方法で覚えていきますので、誰でも覚えることができます。

  1. 1.「見出し語の英→日」音声を3回聞く

    まず、単語との発音と意味を確認するために「見出し語の英→日」の音声を3回聞きましょう(ウォークマンのDPC機能やスマートフォンのスピードコントロール機能などを使って倍速で聞きましょう)。

  2. 2.例文穴埋めを確認する

    次に左ページの200語の例文穴埋めを確認していきましょう。左ページと右ページを同時に見ながら穴埋めの答えを確認していきましょう。

  3. 3.例文穴埋めを解く

    最後に今度は答えを隠して(右ページを隠して)穴埋めを解いていきましょう。ただ、分からない問題はすぐに答えを見ましょう。重要なのは問題を解くことではなく単語や表現を覚えることです。

  4. 4.2と3の作業を全問正解出来るまで繰り返す

    最後に2と3の作業を全問正解出来るまで繰り返しましょう。

  5. 以上の作業を毎日200語。テスト前日まで繰り返す

この方法で単語を覚えていくと、別に載っている重要表現などを覚えたとしても1週間で1周することが出来る。1ヶ月なら全体を4周することができます。

4周してもすべての単語は覚えられないかもしれませんが、TOEICで600点を取るために必要な単語力としては申し分ないぐらいの力が付きます。

TOEIC600点を取るための文法書と勉強法

TOEICで730点や860点、それ以上を狙うのであれば、文法を基礎から学ぶ必要がありますが、1ヶ月と言う短期間でTOEICで600点を取ることが目標であれば文法知識は最低限にとどめてその時間を単語学習やリスニングなどのスコアに直結する学習に時間を割くのが得策です。

とは言っても文法も重要な得点源になるのと、最低限の知識がなければリーディングもリスニングもままならないということになるので必要最低限はこなしておく必要があります。

そこで、TOEIC攻略に必要な参考書を3冊紹介します。

まず、1つ目は、「世界一わかりやすい英文法の授業」です。

この本は網羅的ではありませんが、英文法の大切なところがしっかりと丁寧に説明がしてあります。また、例文もシェークスピアやケネディ、マドンナやマイケル・ジョーダン等々の古今東西の名文・名言から引用されているので大人が学習するのにも適しています。

TOEICの文法の基礎を固めるのにはもってこいの本です。この本をまず、1週間で3周しましょう。

次に文法問題対策として、「出るとこ集中10日間!TOEICテスト文法編」をこなします。

文法問題の解き方を覚えるにあたってこれほどいい本はありません。問題を解くときのに必要な文法事項をサラッとおさらいした後に、問題の解き方が図解でかなり細かく説明がしてあります。

また、TOEICに出題される文法事項がわずか192ページにまとまっているので、短期間で繰り返し勉強することが可能です。こちらも1週間で3周しましょう。

最後に使うのは、「TOEIC(R)TEST必ず☆でる文法スピードマスター」です。

こちらはTOEICの最頻出問題66問と問題の選択肢を使った問題4問×66問の全330問を通してTOEICの頻出問題の対策がしっかりとすることができます。

600点向けの問題集という位置づけになっていますが、TOEICの高得点者860点以上の人も直前期はこの本をやりこんでいる人が多いと言う良書です。

2週間をかけてじっくりとやり込みましょう。この本は内容が濃く初心者の方には少し大変ですが、3周を目標にがんばりましょう。


TOEICの文法対策は以上の3冊をしっかりとやり込めば(それぞれ3周ほどできれば)、TOEICの600点は十分に超えられるだけの地力はつきますよ。

TOEIC600点を取るため発音練習

TOEICのリスニングで点数を取ろうと考えるなら発音練習は書かせません。

細かな説明は省きますが、臨界期(7歳~13歳程度)を過ぎた我々の耳は、「発音できない音は聞き取れない」という性質があるからです。

なので、大人になってから英語を勉強する場合は発音練習は絶対にする必要があります。

発音練習のおすすめは「英語耳」です。

英語耳は、約25分ですべての音を練習することができます(CDの収録時間は1時間ほどありますが、ボーナス・トラックがあるのと、男女それぞれの発音で吹き込まれているためどちらか一方を学習するだけでOKなので)。

英語耳はDVDなどの映像やリズムやリエゾンなどの発音の技術は乏しいので、話すための発音を身につけることは厳しいと言わざるを得ないですが、短期間である程度英語の音が聞き取れるようになるには十分役割を果たしてくれます(本格的な発音を身につけたい肩や更に短期間で効果を出したい方はネイティブスピークを使いましょう)。

TOEIC600点を取るためのリスニングの勉強法

TOEICのリスニングを短期間上げるためには、解答テクニックを身につけることも大切です。特に、スコアが730点以下の方は、解答テクニックを覚えるだけで大幅にスコアが上がります。

リスニングの解答テクニック本でおすすめなのは、「出るとこ集中10日間!TOEICテストリスニング編」です。

文法編もそうでしたがやはりこの本の分かりやすさは圧倒的です。

リスニングにおいて聞くべきポイントや正答の判別法を始め、リスニングにおいて抑えておかなければならない基本知識がしっかりと網羅されています。

TOEIC600点を取るための裏ワザ本

TOEICで600点突破だけを目指すなら裏ワザ本もありです。

TOEICで言う裏ワザ本は、TOEICを何回か受けている人が習得しているコツのようなものです。

例えば、PART1の自転車の写真では「against」があれば正解になりやすいといったものやPART5で「although」はほぼ正解になるなぁといったような経験則です(これは管理人の経験則で本の内容とは違います)。

こういったTOEICを何回も受けた人がなんとなく思っている経験則をTOEICを何十回も受けているTOEIC専任講師がまとめたのが裏ワザ本です。

裏ワザ本はTOEICでスコアが高くなればなるほど使えなくなりますが(高得点を取るためには例外の問題も正解しないといけないため)、730点ぐらいまでならかなり威力を発揮してくれます。

特に600点が取れていない段階では、強力な武器になってくれます。

裏ワザ本でおすすめなのは「TOEIC L&R TEST「正解」が見える86のコツ」です。

言わずとしれたTOEICの巨匠であるキム・デギュン氏の著書です。

発売当初はTOEICの傾向と少しずれていましたが、最近になって傾向がピッタリとあっています。なので、しっかりとこなしましょう。

TOEIC600点を取るための模試本

最後の仕上げとして、一度は時間を測って模試を解きましょう。

おすすめは、「はじめてのTOEIC(R)L&Rテスト入門模試 教官Tommyコース」です。

この模試はTOEIC本番から高得点者用の難問を除いた感じで、優しすぎず、簡単すぎないのでTOEIC600点を目指す人には最適なレベルです。

解説も丁寧でしっかりと現在の実力や解答テクニックなどの確認ができます。

本試験の前に時間を測って模試を解いているかどうかは初受験の方は特にスコアに大きく直結します。特に分からない問題を適当にマークして次の問題を解く技術などは模試を解かないとなかなか身につかないものです。

なので、TOEICが初受験の方は必ず一度は模試を解いてから試験に挑みましょう。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。今回は「TOEIC600点を1ヶ月で取るための超具体的勉強法」をご紹介しました。これであなたもTOEICで600点が取れと思います。ぜひ参考にしてみてください。

最後にPART7に触れなかった理由について書きたいと思います。

その理由は、PART7のスコアの伸びは全パートの中で一番遅く短期間でスコアアップを狙うのには適していないからです。つまり、TOEIC600点突破ということを考えた場合、他のPARTの勉強に時間を割いたほうが効率的だということです。

単語や文法を学ぶ過程でPART7に必要な基礎力は養成されますし、最低限の解答テクニックは「TOEIC L&R TEST「正解」が見える86のコツ」や「はじめてのTOEIC(R)L&Rテスト入門模試 教官Tommyコース」で学ぶことができます。

なので、安心して他のPARTを中心に学習してください。

また、こんなに参考書をこなすことができないという方やまとまった時間を取るのが難しいという方は、スタディサプリの「TOEICテスト対策コース」をオススメします。

こちらは、TOEICで730点や860点を目指す方には心もとないですが、TOEICで600点を考えた場合かなり効率がいいと言えます。特に解答テクニックなどは本などの紙面で確認するよりも映像を通してしっかりとやり方を学んだほうがいいことは言うまでもありません。

また、スマフォで5分程度の講義を受けたり単語アプリで学習できたりとかなり利便性がよくまとまった時間が取れないという方でも待ち時間や移動時間などを使って効率よく勉強することが可能ですよ。

それでは、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。