1. 仲本の英文法倶楽部

    価格 4.5
    使用感 4.5
    効果 3.0
    価格:
    1,296円(税込)
    ページ数:
    223ページ
    対象スコア:
    300点~

    入試頻出、失点すればイノチ取りの英文法問題を完全攻略!「難しいことをさりげなく」、「易しいことを深く」をモットーに英文法をわかりやすく解説。

    管理人のレビュー

    この本は受験で重要な文法事項を厳選して297題にまとめたものです。

    問題編(別冊)と解答編(講義編)に分かれていますが、解答編(講義編)にも問題が再掲してあるため、解答編(講義編)だけを使って勉強していくのがいいと思います。

    さて肝心の内容ですが、丁寧な毒舌混じりの学校の授業と言う感じです。

    基本的に受験の頻出問題を解説していくというスタイルで進んでいくのですが、ここは暗記みたい力技が結構多く、しっかりと理解して暗記したい人には向いていないです。

    また、本編とは関係のない雑談(問題の解説とは関係のないという意味)も結構多い。ただ、この雑談がこの本を読みやすくしているのも事実なのでこれは欠点とは言えない。

    実際、この雑談や毒舌があるおかげで他の英文法の参考書よりは楽しく読めるのは間違いない。

    しかし、発売当初は別として今現在はこの本よりも優れている参考書があるのは事実だ。

    講義調の参考書なら成川先生や関先生の参考書があるし、問題をベースとして解説してくスタイルのものなら「今井の英文法教室(上)今井の英文法教室(下)」がある。

    ただ、前述の本よりも短期間で1周出来るというメリットもある。

    なので、受験で英文法が必要だけど苦手で時間もないと言う人が短期間で最低限の文法事項をおさらいするのにはいいかもしれない(2日・3日もあれば誰でも通読が可能、文法がある程度わかっている人ならその日のうちに読み切れる)。

    注意していほしいのはあくまでも緊急避難的に使える本であって、メインに据える参考書ではないということです。

     

    仲本の英文法倶楽部の購入はこちら