1. 頻度順1問1答 TOEIC L&Rテスト リーディング

    価格 4.0
    使用感 4.0
    効果 3.0
    価格:
    1,512円(税込)
    ページ数:
    304ページ
    対象スコア:
    500点~

    本書は、TOEIC L&Rテストのリーディングセクションに出題される設問を問題タイプごとにランク付けし、出る順に並べたTOEICリーディング対策問題集です。皆さんは、この本を利用して出題頻度の高い順に問題を解き進めていくことで、スコアアップに向けたトレーニングを効率的に行うことができます。

    私は本書のようなランキング形式のTOEICリーディング対策問題集を今までに見たことがありません。そういう意味で、この本はこれまでになかった画期的な問題集と言えます。

    「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」

    TOEICでよく出題される問題タイプを知り、自分が間違えやすい問題タイプを把握することが弱点克服の第一歩です。皆さんのスコアアップはその先にあります。本書がその一助となれば、著者としてこれほど嬉しいことはありません。

    管理人のレビュー

    この本はTOEICのリーディングで出題される項目をランキング形式にし、さらにそれを一問一答形式にしたものです。

    著者はランキング形式のTOEICリーディング対策問題集を今までに見たことがないといのことだが、実際は結構存在しています。

    例えば、「TOEIC(R)TEST必ず☆でる文法スピードマスター」も文法と語彙に別れているものの基本的に頻出順になっていますし、「新TOEIC TEST 900点特急2」も同じく頻出順になっています。他にも頻出順とは書いていないもののほとんどの参考書が実質的な頻出順になっています。

    なので、これまでなかった画期的な参考書というわけではありません。

    さて肝心の内容ですが、パート毎に頻出順(ABC)で一問一答になっており、解説などもシンプルで使いやすいのですが、問題数が少なすぎです。

    PART5の語彙・品詞の問題を除くとそれぞれの項目に1・2問ほどしかなく、本全体でも模試1回分ほどしか問題がありません。直前対策だと考えてもやはり少し問題数が少なすぎるような気がします。

    パート毎に分けてしまったのが失敗でPART5だけの頻出順とかというようにパートを絞って問題数を増やしたほうが良かった気がします。

    解説も直前対策を意識しているためものすごくシンプルになっているのに加えて、語句はすべて巻末にまとめてしまっているので、この本の対象者である600点・700点を目指す方には使いづらいと思います。

    ただ、問題の質がいいのに加えて、一問一答形式でリーディング全体を学べる本は少ないので、使い勝手は結構良かったとします。

    なので、TOEIC本番まで時間がないけど全く勉強できなかったと言う人が最低限問題なれするために使うのはありかもしれません。

     

    頻度順1問1答 TOEIC L&Rテスト リーディングの購入はこちら