TOEIC 第237回(2018年1月13日)公開テストを受けて来ました。

受験された皆さん、お疲れさまでした!

それでは今回のTOEICの感想です。

フォームは、PART1の一枚目がキッチンで引き出しを開けて何かを探している写真でした。

Part1 やや難
全体的には易しめでしたが、1問だけ難問がありました。

PART1は問題数が少ないので1問でも難問があると難易度が高いと言う評価になります。

Part2 やや難
PART2も結構難し目でした。

序盤と終盤は分かりやすい問題が多かったのですが、中盤でズラした解答が多く手こずりました。

Part3 普通
難しい問題もなく全体的に難易度は高くなかったと思います。

Part4 難
後半に会話そのもののイメージがつかみにくいものがありました。

Part5 易
全体的に標準的なレベルで、語彙問題も難しいものがありませんでした。

品詞の問題なども答えになる品詞が1つしかないなどややこしい問題はありませんでした。

また、毎回出ているような語彙問題の難問もありませんでした。

Part6 普通
全体としては文も短めで分かりやすいものが多かった印象です。

また、何より分かりやすい(内容がイメージしやすい)文章が多く、先頭から普通に読んでいけば解ける問題がほとんどでした。

Part7 普通
語彙の言い換え問題で引掛けがあったり、記事の問題でわかりにくいものがあるなど所々難問がありましたが、読む量自体は多くなかったため、時間が掛けられたので解答自体は容易でした。

全体として、今回はリスニングが難しかったと言う印象です。

まあ、年末年始に怪我をしたためリスニングの勉強がほとんどできなかったことが影響しているかもしれませんが。

ただ、今回はリーディングはかなり優しかったと思います。

11月のTOEICでリーディングがかなり難解だったことを思うと、次あたりリーディングはかなりの難問になるかもしれません。

以上が今回のTOEICの感想です。