1. TOEIC(R) L&R TEST出る単特急金のセンテンス

    価格 5.0
    使用感 4.0
    効果 4.5
    価格:
    961円(税込)
    ページ数:
    360ページ
    対象スコア:
    360点~

    100万部突破の「金のフレーズ」、そのひとつ上の単語集。
    TOEIC必出の約1500語を360センテンスに凝縮。

    管理人のレビュー

    この本は受験者に圧倒的な支持を得ているTEX加藤先生の名著金のフレーズの1000の見出し語をベースに新たに最新傾向の500語を追加してセンテンス化したものです。

    TOEIC版の「DUO」と考えるとイメージが湧きやすいかと思います。

    どういった形でTOEICに出題されるかの語句の解説やセンテンス全体の解説もついているなど、徹底したものになっています(個々の語句よりもセンテンス全体が重要な場合はセンテンスの解説のみの物があります)。

    音声も

    1 【英語版】 英文のみを読み上げる
    2 【日英版】 和訳と英文を交互に読み上げる
    3 【基礎版】 「和訳⇒英文⇒単語⇒英文」の順に読み上げる

    3種類があり、瞬間英作文などの使い方もできます。

    全体としての感想は、TOEIC初心者~650点ぐらいまでの人には最適ということです。

    すべての学習者に対応していますが、金フレのようにレベルごとにまとめられているわけではないので(一応徐々にレベルは上がっていきますが)、特定のレベルの単語だけさらいたいと言う人には物足りないかもしれません。

    一方で、TOEIC初心者~650点ぐらいまでの人は、まさにそのまま出る形で単語(センテンス)を覚えられるので、これ以上心強い味方はありません。

    特にTOEICはここ数年すごい勢いで語彙傾向が変化していいっているので、最新傾向をしっかりと抑えた信頼できる単語帳と言う意味でも間違いなく良書と言えます。

    勉強の仕方としては、英文のみの音声をとテキストを使い毎日30~60文を音読、移動中に和訳と英文音声を使い瞬間英作文を繰り返して定着させていくのがいいと思います。

    そして、ある程度覚えられたら記憶の確認として、センテンスを隠して使われている単語からセンテンスを導けるかどうかを確認してくとしっかりと定着します。

    個人的にセンテンスの暗記に重点を置いてこなかった(覚えたのはよくばり英作文のみ)ので、このような感じのレビューになりましたが、この本にのっているセンテンスは間違いなく試験に出まくるので、ゴリゴリとセンテンス暗記ができる人は短期間でスコアアップが可能だと思います。

    一方で、私みたいにセンテンスが苦手な人は単語単体で覚えて行くほうが早いと思います。まあ、このあたりは好みの問題です。

     

    TOEIC(R) L&R TEST出る単特急金のセンテンスの購入はこちら