TOEIC 第239回(2019年4月14日)公開テストを受けて来ました。

受験された皆さん、お疲れさまでした!

それでは今回のTOEICの感想です。

フォームは、PART1の一枚目が男性(?)が道路を掃除している写真で、二枚目が3人の女性が話し合っている写真、三枚目が対面のキッチンみたいなところの写真でした。

Part1 普通
ストレートな表現の問題が多く難問はありませんでした。

Part2 難
PART2は難し目でした。

一人メチャクチャ聞き取りづらいスピーカーさんがいたのと、質問で使われた単語が含まれた選択肢が正解になる問題が前後半関係なく出るなどテクニック対策がしっかりとなされていたというのが感想です。

Part3 普通
難しい問題もなく全体的に難易度は高くなかったと思います。

Part4 普通
こちらも特に難し目の問題はなかったと思います。

Part5 やや難
問題自体は標準的なレベルで、語彙問題も難しいものがありませんでした。

ただ、英文中にmedian income(平均収入)などの難し目の語彙が含まれているなど、堅めのビジネス英語に慣れていないと解きづらいものがあったり、純粋な語法問題もあったので「やや難」の評価です。

Part6 難
パート6は正直難しかったと思います。

時制を決めるマーカーが空欄と離れていたり、文脈問題が分かりにくいなどなかなかの難易度でした。

Part7 易
今回は読む量も少なくマルチパッセージの問題も分かりやすい問題が多かったと思います。

10分以上時間が余ったので860点以上のスコアを持つ人にとってはかなり簡単な部類に入ると思います。

全体的な感想としては「やはりパート2がTOEICにおける一番の難関パートになりつつあるなぁ。」ということです。

パート3・4などは冒頭を少し聞き逃したりしても大丈夫ですが、パート2は一瞬も気が抜けないと苦手なスピーカーにあたった場合は、頭を切り替える前に終了するのできついという印象です。

以上が今回のTOEICの感想です。