次に文法の勉強法ですが、TOEICのリーディングの学習で覚えておかないといけないことは、「TOEICには難しい文法問題は絶対に出ない」ということです。

TOEICはビジネスシーンでのコミュニケーションを図るためのテストで米国のETSという非営利Test開発期間によって作られています。

なので、基本的に日常のビジネスで使わないような難しい文法が出ることは絶対にありません。

日常のビジネスで使われる文法とはどのぐらいのレベルかというと、日本のセンター試験レベルです。

ただ、これは出題される英語のレベルが似ているだけであって、センター試験参考書で勉強したからといって、TOEICで高得点が取れるわけではありません。また、センター試験のような細かな語法問題が出題されることもあありません。

あくまでも、TOEICで出題されるのは実際のビジネスの現場や日常生活において使われる文法であり、それ以上の難しい文法問題が出ることはありません。

 

※一見難しく見える文法問題も簡単な文法を組み合わせて出題されているだけで、大学受験のような日常でめったに使われな文法が出るわけではありません。

TOEICの文法問題が難しく感じられる理由

TOEICの文法問題は普段のビジネスで使われる文法ばかりなのに、なぜ難しく感じられるのでしょうか?

その理由は、とっても簡単で“修飾が多い”からです。

例を上げて説明します。

1.Tax forms for state and federal income tax returns (———) available at public libraries from now until the end of the month.

(A)is
(B)are
(C)was
(D)were

引用元:新TOEIC TEST文法・語彙問題秒速解答法 全問図解

上の問題は典型的TOEICの問題です。

一見するとかなり難しい問題と思われるかもしれませんが、そうではありません。

この問題の英文の構造を次の簡単なルールに基づいて整理します。

  • 前置詞のついていない最初の名詞が主語になる。⇒で表示
  • <前置詞+名詞>は修飾語句になる。⇒で表示
  • 時制の一致。⇒時制に関連する語句をオレンジで表示

すると次のようになります。

1.Tax forms for state and federal income tax returns (———) available at public libraries from now until the end of the month.

ここから修飾語句を取り除ききます。

すると、

1.Tax forms (———) available from now.
(A)is
(B)are
(C)was
(D)were

というふうになります。

ここまで来ると、中学生でも解答することが出来ます。

tax formsが複数形なので、(B)areか(D)wereになります。そして、from now(今から)という現在を表す語句があるので(B)が正解になります。

大切なのはこの問題で問われている文法は、主語と述語の一致と時制の一致といった中学生で習う内容だということです。しかし、income tax returns(所得申告書)といった難しい修飾語句を付け加える事によって、問題の難易度を上げています。そして、TOEICはこのような修飾語句を使って問題の難易度を上げているものがほとんどです。

なので、TOEICの文法学習においては、まず、基礎的な英文法(中学校で習う英文法)をしっかりと押さえた後、英文構造を理解する勉強する必要があります。

注意
このページでは現状の英語力が中学英語を何となく把握しているというレベルの方を対象として参考書を紹介しています。なので、英文法がある程度分かっている方などは、このページは飛ばしていただいて構いません。ただ、「英文読解入門基本はここだ!改訂版」だけはPART7の攻略とも深く関わってくるので、この段階でこなしておくことをオススメします。

文法の基礎を身につける参考書

マンガでおさらい中学英語シリーズ

中学英文法を身に付けるのは「マンガでおさらい中学英語」「マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編」がオススメです。

この2冊はマンガと豊富なイラストや図解を使って中学英文法のポイントを分かりやすく説明してくれています。特に文法を学ぶ上で学習者が「なぜ?」と思うようなところをしっかりと解説してあるので、スイスイと頭に入ってきます。

文法の細かなところは省かれているので、この2冊をこなしても中学英文法は完璧という訳にはいきませんが、TOEICなどの日常生活やビジネスの場での文法(重箱の隅をつつく問題が出なない)を重視する試験においては、この本の理解で十分と言えます。

成川の「なぜ」がわかる英文法授業

上の2冊が終わったら、「成川の「なぜ」がわかる英文法の授業」という本で高校基礎を学びます。

この本は、講義調の説明と見やすいイラスト、豊富でカラフルな図解によって、文法がしっかりと身に付くように工夫して書かれています。

著者の成川先生が「脱丸暗記」「覚えることは最小限でも効果でも最大限」を掲げているだけあって、英文法のいちばん大切なところををポイントを絞って説明してあるので、類書に比べて圧倒的に理解しやすいと言えます。

世界一わかりやすい英文法の授業

上の本で高校英文法の基礎を身に付けたら、「世界一わかりやすい英文法の授業」でTOEICで出題される限度の英文法(センター試験レベル)までを押さえてしまいましょう。

「世界一わかりやすい英文法の授業」は、ガリレオやマドンナなど古今の偉人や有名人などの名言など例文にあげながら、基礎から高校英文法で大切なところまでしっかりと身に付くようになっています。

大学受験用としては網羅性が低く、物足りないというレビューがありますが、TOEIC用としては十分過ぎるぐらいで、この本まで理解できていればTOEICの文法問題は十分に解けるようになりますよ。

英文読解入門基本はここだ

上記の本で基礎的な英文法を身に付けた後は、「英文読解入門基本はここだ!改訂版」を使って英文構造を見抜ける力をつけます。

この本は、これまで紹介した3冊とは違い少し小難しく、文法用語も所々に使われていて、読むのが大変かもしれませんが、英文構造を見抜ける力を付けるのにはこの本以上の本はありません。

「どのようにして文の主語を決定するのか」といったような基礎的なことから始まり、全体を通して、英文を読むための基本的なシステムが身に付くようになっています。

そして、特筆すべきはそれらがわずか150ページほどでコンパクトにまとめられているというところにあります。

正直な話、この本をやっていなくてもTOEICで高得点を取ることは可能です。しかし、この本レベルの知識を抑えておくことによってTOEICで出題される英文の構造が面白いほど見えるようになります。

魔法の英文読解ノート

「英文読解入門基本はここだ!改訂版」が終わって、余裕があれば「魔法の英文読解ノート 」もやっておきましょう。

この本は、単語は難しくないけれど意味をとるのが難しい英文を使って、英文を正しく読むための練習ができるようになっています。

上の「基本はここだ」との相性も良く、同じ流れ(主語の見つけ方)から学んでいくので、スムーズに学習していくことが出来ます。

はっきり言って、この本にかかれているような英文は、TOEICの本番でも全体で1~2文出る程度です。なので、この本をやっていなくても直接的にはスコアに大きな影響はありません。

しかし、この本までこなしておくことによって、英文を正確に読む力が付く為、結果的にスコアが伸びやすくなります。

 

こんなにも沢山の参考書をやる時間もお金もないという方には「スタディサプリ」をオススメします。スタディサプリは関正生先生など全国トップクラスのプロ講師陣の授業をいつでもどこでも見ることができるオンライン学習サービスです。英文法の基礎から応用までのすべての動画講義が月額980円で受け放題になっています。なので、気合を入れて取り組めば、14日間の無料体験もあるので、無料体験期間で集中して英文法/読解を学んでしまうということも可能です。スタディサプリは「TOEICテスト対策」もありますが、英文法や読解の基礎を身に付けるのには大学受験コースがオススメです。

正しい参考書の読み方

参考書を読むコツは一度で理解しようとせずにとにかくスピードを重視して読むということです。

多くの人が最初からしっかりと理解しようと気合をいれて参考書を読もうとしますが、これは間違っています。

初めて参考書を読む時は、その本を理解するための基本的な知識がまで出来上がってないため、じっくりと読んでもスピード重視で読んでも実際の理解度はほとんど変わらない事が科学的に証明されています。

むしろ、しっかりと理解しようと気合をいれて参考書を読もうとするとかえって脳を緊張させてしまい最終的には理解度が低くなることが医学的に証明されています。

なので、最初は多少理解力が落ちてもいいのでスピード重視で読んで頭の中に何となくのイメージを作ることに専念し、それらを何度も短期間で繰り返したほうが効率的です。

まとめ

はっきりと言えることですが、文法の基礎が出来ていないとスコアは必ず頭打ちになります。

この段階では直接的なTOEICの対策ではないため、少し退屈に思えるかもしれませんが、序盤に文法をしっかりと理解できるかどうかが、今後のスコアの伸びに大きく影響していきますのでしっかりとこなしましょう。

目安としては、それぞれの本を最低でも3周、出来れば5周ぐらいすればTOEIC文法の基礎はほぼ完成といっても差し支えありません。

では、次のページからはここで身に付けた文法力を実際のTOEICで使える形に変える方法を紹介していきます。

 


前のページに戻る次のページに進む