ここからはTOEICのリーディングに限らず、誰でも出来る超簡単にスコアを上げる方法をいくつか紹介します。

マークシート用のシャーペンを使う

まず、一番簡単にスコアを上げる方法はマークシート用のシャーペンを使うことです。

TOEICのマークシートは全部で200問あります。この200問を1個4秒でマークしていったとしても13分20秒(800秒)かかります。つまり、TOEICでは試験を解いていない時間が13分もあるのです。

TOEICのリーディングは時間が回答するが長ければ長くなるほどスコアが伸びることは、もはや常識となっています。このことは多くの受験者やTOEICを教えている講師の方々も認めています。なので、いかにこの無駄な時間をなくすかによってスコアが大きく変わってきます。

そこで登場するのが、マークシート用のシャーペン「ステッドラー 2mm芯 シャープペンシル 」です。

このシャーペンは芯の太さが2mmと通常のシャーペン0.5mmの4倍なので、理論上4倍速くマークシート塗りつぶすことができます。

1個のマークシートを2秒でマークすると仮定するならば、約半分の6分40秒(400秒)でマークすることはでき、6分40秒の時間を作り出すことができます。もちろん、この中にはリスニングでのマーク時間も入ってくるので実際は3分20秒ほどですが、それでもTOEICという時間のない試験では大きな時間です。

それにマークシート用のシャーペンを使うことの効果はリスニングのほうが多いです(先読みに多くの時間を当てられるようになり、リーディング以上に効果を発揮する)。とにかく、シャーペンを変えるだけでスコアを上げることができます。

チョコレートを食べる

次に紹介する方法は、試験の1時間前にチョコレートを食べることです。

最近は何かと悪者扱いされるチョコレートですが、TOEICのような長時間集中力が必要な試験には欠かせないマストアイテムです。

チョコレートは脳の栄養素でもある多くのブドウ糖を含んでおり、脳の血量を上昇させ、脳の活動を活発にすることを始め、成分のひとつであるテオブロミンは、集中力・記憶力・思考力を高めてくれます。また、チョコレートの香りはリラックス効果もあるので試験前に食べるには最適です。

ただ、食べた後、しばらくは血糖値が上昇し、眠くなってしまうので1時間前に食べるのがベストです。

「モーツァルトの音楽」を聴くこと

3つ目は、試験の直前に「モーツァルトの音楽」を聴くことです。

モーツァルトの音楽は、音質、音響、揺らぎといった音楽的要素が非常に高い抽象度で組み立てられているため、リラックス効果や集中力の増強などに効果を発揮します。また、モーツァルトの音楽には高周波が大量に含まれているため、英語の周波数帯との相性が抜群で、モーツァルトの音楽を聴いてからリスニングすると普段よりも英語を聞き取れることが分かっています。

私のおすすめは「英語耳を育てるモーツァルト 〜魔法の音8000Hz 」で特に英語との相性がいい作品がまとめられています。

移動中や試験直前に復習をする

試験会場までの電車などの移動中や試験会場についてから試験までに時間がある時は、直前対策に時間を当てるのが定跡になります。

試験の当日や試験直前はエネルギーを保存しておくために対策などをしないという方もいて、それも正しいやり方だと思いますが、試験直前に復習したことが本番で出ないとも限らないので、軽く復習するのがオススメです。

ただ、あまり読み込んでいない(繰り返し回数が3回以下の)問題集や参考書などを読むのは分からないことが出てくると不安になり、本番に影響をあたえるのでNGです。

なので、「TOEIC(R) L&Rテスト 超即効スコアUPテクニック114 」などのでテクニック本や何度も繰り返して答えがほぼ頭に入っている文法の問題集で最新傾向を押さえたもの「TOEIC 千本ノック!難問・ひっかけ・トリック問題編」などを軽く読むのがオススメです。

分からない問題があっても気にしない

TOEICは受ける回によって違いますが、リスニングなら5問ぐらいリーディングでも2・3問ほど間違えても満点が出ることがあります。また、900点を目指す場合でもリスニングで15問、リーディング10問までなら、なんとか届く可能性があります。

なので、多少分からない問題があっても、立ち止まらずに適当にマークして分かる問題に時間を掛けて正解数を稼いでいったほうがスコアが伸びます。

また、時間を節約するあまりトイレに行きたいのに我慢して解いたり、集中力が切れているのに無理やり集中しようとしたりするのもスコアを下げる原因になります。

そういった時は、多少時間をロスしてもトイレに行って顔を洗うなどして集中力を回復させた方が結果的にはスコアが上がることがあります。

まとめ

以上がTOEICで出来る簡単なスコアアップの裏技と試験前の過ごし方になります。

次のページでは学習効果を著しく高める睡眠法について説明します。

 


前のページに戻る次のページに進む