では、いよいよ最後の難関であるパート7の攻略法に入ります。

TOEICのPART7は54問という最大のパートであると同時に、1時間弱、問題を解き続けた後にやってくるので、疲れもありますし、集中力を維持するのも難しく、TOEICの最難関パートといっても過言ではありません。

実際、このPART7をいかに攻略できるかがTOEICの得点を大きく作用します。

では、パート7の具体的な攻略法に入ります。

1.英文を読むための基礎読解力

まず、TOEICのPART7を読みこなすためには基礎的な読解力は必須です。このことはすごく重要なことですが、なぜかTOEICの勉強法や対策を紹介している本などで語られることはほとんどありません。ただ、間違いなく一番重要です。

基礎的な読解力は、こちらのページで紹介した「英文読解入門基本はここだ!」がきちんと理解できていれば問題ありません。

高得点を目指して、難しい英文解釈の参考書(英文解釈教室や英文読解の透視図)をやろうとする人がたまにいますが、TOEICに関して言えば、そこまで構文を取るのが難しい英文は出題されません。満点を目指す人でも読解力という観点だけで見れば、「基本はここだ!」だけでTOEICに必要な読解力は十分です。

なぜなら、TOEICはビジネスで使える英語力を測定するテストなので、あくまでもビジネスで実際に使われるような英文が出ます。そして、ビジネスで実際に使われるような英文でいちばん大切なことは誤解なく相手に正確に意味を伝えることです。なので、相手が読み間違えるような複雑な構文を使った英文は使われないのです。

実際は「基本はここだ」ですら、TOEICの英文レベルを考えると若干オーバースペックと言えるかもしれません。ただ、このレベルが理解できているのといないのとでは読解のスピードが大幅に変わってくることは間違いのない事実なので、しっかりとこなしておきましょう。

個人的には、英文解釈は、800点超えを目指す人は「魔法の英文読解ノート」、900点超えを目指す人は「英文読解問題精選」までやったほうがいいと思っています。TOEICの読解問題(PART7)は英文を正しく読めているなら、800点(R400点)確実に超えています。

もし、現在のスコアがそれ以下なら確実に英文が正しく読めていないということです。この2冊に出てくるような難しめの英文はTOEICで出てきませんが、英文を正しく読むための訓練には最適です。すごく簡単に説明すると、本番よりも難しい英文を読んでおくと本番の英文はほとんど考えずに処理できるようになるということです。

さらに、英文をしっかりと正しく読めるようになるとPART5の文法問題も面白いぐらい答えが見えるようなります。もちろん、効率重視の人はここまでやる必要はなく、「基本はここだ」までで十分です。

2.TOEICで出題される背景知識や語彙の強化

次に、重要なことはTOEIC出題される背景知識(TOEICの世界の理解)や語彙の強化です。

TOEICの世界とは

TOEICの世界では、飛行機は必ず悪天候(Inclement weather)で遅れますし、渋滞の原因は多くの場合、工事中(under construction )で、それを避けるために迂回(Detour)されられます。また、レストランは頻繁に買収(Acquisition)や合併(merger)されますし、病院の予約(appointment)は頻繁に変更されます。飛行機(airplane)に積み込まれた荷物( baggage [luggage])は、紛失(lost)したり、損害(damage)を受けたりします。ただ、紛失した荷物は必ず見つかり(find)ます。一方で損害は保証書の日付(date)が切れている(expired)ことが多いです。

このようなTOEICの世界観を知っているだけでもPART7の問題はかなり解きやすくなります。もちろん、これらのことが先入観になることもありますが、ある程度TOEICが好きな物語の流れを知っておくとだけでも英文はかなり読みやすくなります。

リーディングのための語彙(ビジネスフレーズ)の再強化

また、リーディングに対してもう一度語彙を強化することは大切です。特に、ビジネス英文特有の表現やメールやメモ・英文記事などにおいてTOEICが好む表現というのをしっかり押さえておくことは重要です。TOEICではあまりに偏ったスラングなどは使用されませんが、それでも英語圏のビジネスパーソンが頻繁に使う慣用表現などはある程度は出題されます。なので、そういったもので躓かないためにもPART7用の語彙の強化はしておく必要があります。

 


 

では、TOEICの背景知識を身に付け、リーディングのための語彙(ビジネスフレーズ)を強化するための最も効率な方法は何かと言うと、「TOEIC L&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリー」のPART6・7を読むことです。

TOEIC(R)L&Rテスト 本番そのまま プラチナボキャブラリー

この本は基本的に見開きで左ページの上に英文、下に和訳、右ページに語彙という構成になっています(記事などの長文は左に英文、右に和訳、次のページから語彙)。PART7で出題される語彙やフレーズなどがふんだんに使われるているのはもちろん、英文の内容自体も頻出のものばかりなのでTOEICで出題されるPART7の背景知識と語彙を同時に身に付けることが可能です。

3.解答テクニックを身に付ける

TOEICは他の試験とは違い解答時間が非常にシビアに設定されています。

そのため、問題を解くための解答テクニックを身に付けていないと時間が足りなくなることは必至です。

特に現在のスコアが800点以下の方は解答テクニックを覚えるだけでも解ける問題数が結構増えるため、50点ぐらいは平気で変わって来ます。なので、しっかりと解答テクニックを身に付ける必要があります。

解答テクニックについては、現在のスコアが730点以下の方には「出るとこ集中10日間!TOEIC(R)テスト読解編」をオススメします。

この本は設問のパターンごとの解き方が図解やイラストを使ってものすごく丁寧に分かりやすく書かれています。また、解答テクニックも実践的なものばかりで、すぐに使えるようになります。

ただ、問題の英文は本番よりも少し短く、簡単なのであくまでも初心者用で最大でも730点(リーディングで350点弱)ぐらいまでしか対応してないと言えます。

それでも基本的な解答テクニックはしっかりと身に付きますし、問題自体の質もTOEICの問題制作者として定評があるロス・タロック先生が執筆協力として関わっている本番と遜色はありません。

現在のスコアが730点以上(リーディングが350点以上)の人は「TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7」がオススメです。

この本はPART7を講義形式で学ぶことが出来、900点以上まで対応しているPART7のバイブル的な本です。

設問のパターンごとに攻略法とそれを身につける練習問題が豊富に載っています。また、チャット問題とセンテンス位置、トリプルパッセージなどの新形式にもしっかりと対応しており、TOEICに出題される設問のパターンを全て網羅しているので、この本をやっておけば、PART7の対策は十分といえます。

使い方としては、模試を入れて17回分の講義があるので、1つの講義を3周したら次の講義に移るというやり方で全体を3周することを目指します。

こうすることによって、解答テクニックがしっかりと理解できるのに加えて、PART7に必要な語彙やビジネス表現もしっかりと身につけることが出来す。

まとめ

パート7に関しては、上であげた「英文を読むための基礎読解力」「TOEICで出題される背景知識や語彙の強化」「解答テクニックを身に付けること」の3つが重要です。

この内、英文を読むために基礎読解力に関しては文法のところでしっかりと学んでいれば読解のために新しく勉強する必要はありません。

なので、パート7で特別に勉強することと言えば、基本的には語彙の強化と解答テクニックを覚えること(10日間読解か究極のゼミをこなす)ぐらいです。

巷ではパート7のスコアを上げるためには、パラグラフリーディングやロジカルリーディングが必要と言われていますが、そういったことは全くありません。TOEICで使われている英文は、日常的にビジネスの現場で使われる英語をベースにしているので、パラグラフリーディングやロジカルリーディングが必要になるような論旨が複雑は英文は出てきません。

なので、TOEICの世界観を知っていて、基礎読解力がある人にとっては、パート7の対策は背景知識と語彙の強化、解答テクニックを覚えるだけでいいのです。拍子抜けするかもしれませんが、これが真実です。

ただ、どうしてももっと演習量を増やしたいという方は、「TOEICテスト新形式精選模試リーディング」をこなしましょう。現在この本が一番本番に近い本なので演習にはぴったりです。

では、次のページからは、1点(TOEICでは5点単位ですが)でも多く取るための方法や勉強法や記憶の定着を飛躍的に上げる方法を紹介します。

 


前のページに戻る次のページに進む