TOEIC 第246回(2019年12月15日)公開テストを受けて来ました。

受験された皆さん、お疲れさまでした!

それでは今回のTOEICの感想です。

フォームは、PART1で男性が鍵をあけようとている写真でした。

Part1 易
全体的には易しめでした。捻ったものもなく、比較的わかりやすい表現のものが多かったので、初心者の方でも全問正解を十分に狙える難易度でした。

Part2 やや難
PART2は結構難し目でした。

ズラシの回答が少し多めだったので、初中級にとっては難しかったと思います。

個人的には聞き取りにくいナレーターの方がいなかったので、スムーズに回答することができました。

Part3 普通
難しい問題もなく全体的に難易度は高くなかったと思います。

Part4 普通
ストレートな回答のものが多く、答えを何度か繰り返してくれるので、自信を持って解答をすることができました。

Part5 難
語彙問題で悩むような問題が結構出題されていました。

また、コロケーションの問題など知らない解けないものも多く、難易度は少し高めでした。

印象に残ったのはindustrious(勤勉な)を使った引掛けで、industrial pollution(産業汚染)との勘違いを狙った問題です。

TOEICのような時間がない試験だと勘違いしてindustrious(勤勉な)を選びそうですが、これは引っ掛けでした。

Part6 易
実に素直な問題が多く、文挿入問題も他に入るところがないというぐらいわかりやすいものでした。

Part7 難
シングルパッセージは比較的簡単なものが多かったですが、マルチパッセージは読む量が多いのに加えて、クロス問題が結構ややこしかったりと、難易度は高めでした。

全体として、今回はリーディングが難しかったと言う印象です。

試験内容以外の感想としては、最近試験会場が4人席などでトイレに行きづらい会場に当たりまくっています。

トイレに行くときに隣の人にわざわざ退いてもらうのも申し訳ないですし、時間もかかるので、ここは改善してもらいたいところです。

ちなみに、今回のリスニングは47分間でした。

以上が今回のTOEICの感想です。