TOEICの文法を学ぶ上で覚えておかなければならないことは、「TOEICには難しい文法問題は絶対に出ない」ということです。

TOEICはビジネスシーンでのコミュニケーションを図るためのテストで米国のETSという非営利Test開発期間によって作られています。なので、基本的に日常のビジネスで使わないような難しい文法が出ることは絶対にありません。

日常のビジネスで使われる文法とはどのぐらいのレベルかというと、中学英語+高校基礎までの文法です。

なので繰り返しになりますが、TOEICで出題されるのは実際のビジネスの現場や日常生活において使われる文法であり、それ以上の難しい文法問題が出ることは絶対にありません。

※一見難しく見える文法問題も簡単な文法を組み合わせて出題されているだけで、大学受験のような日常でめったに使われな文法が出るわけではありません。

TOEICの文法問題が難しく感じられる理由

TOEICの文法問題は普段のビジネスで使われる文法ばかりなのに、なぜ難しく感じられるのでしょうか?

その理由は、とっても簡単で“修飾が多い”からです。

例を上げて説明します。

1.Tax forms for state and federal income tax returns (———) available at public libraries from now until the end of the month.

(A)is
(B)are
(C)was
(D)were

引用元:新TOEIC TEST文法・語彙問題秒速解答法 全問図解

上の問題は典型的TOEICの問題です。

一見するとかなり難しい問題と思われるかもしれませんが、そうではありません。

この問題の英文の構造を次の簡単なルールに基づいて整理します。

  • 前置詞のついていない最初の名詞が主語になる。⇒で表示
  • <前置詞+名詞>は修飾語句になる。⇒で表示
  • 時制の一致。⇒時制に関連する語句をオレンジで表示

すると次のようになります。

1.Tax forms for state and federal income tax returns (———) available at public libraries from now until the end of the month.

ここから修飾語句を取り除ききます。

すると、

1.Tax forms (———) available from now until the end of the month..
(A)is
(B)are
(C)was
(D)were

というふうになります。

ここまで来ると、中学生でも解答することが出来ます。

Tax formsが複数形なので、(B)areか(D)wereになります。そして、from now(今から)という現在を表す語句があるので(B)が正解になります。

大切なのはこの問題で問われている文法は、主語と述語の一致と時制の一致といった中学生で習う内容だということです。しかし、income tax returns(所得申告書)といった難しい修飾語句を付け加える事によって、問題の難易度を上げています。そして、TOEICはこのような修飾語句を使って問題の難易度を上げているものがほとんどです。

なので、TOEICの文法学習においては、まず、基礎的な英文法(中学校で習う英文法+高校基礎)をしっかりと押さえた後、英文構造を理解する勉強する必要があります。

文法の基礎を身につける参考書

TOEICのための文法の基礎を身につけるには分厚い参考書や大量の参考書を読む必要はありません。

前述したとおり、TOEICでは文を様々な修飾をすることによって難しくしているので、基礎段階では最小限の文法知識さえ入れておけば十分に対応することが出来るからです。

TOEICの基礎文法を身につけるのには以下の3冊で十分です。

高校の英文法が1冊でしっかりわかる本

一冊目は「高校の英文法が1冊でしっかりわかる本」です。

この本は、高校英文法の最重要なところだけをルールとイメージを使って懇切丁寧に説明がされています。

レイアウトが素晴らしいのとイメージを使った英文法書でありがちな説明が冗長になることなく、すごくシンプルな構成になっているのでサクサクと必要な英文法を身につけることが出来ます。

分かりやすい参考書を何度も読んで文法の重要事項を脳に刷り込みましょう。

高校の英文読解が1冊でしっかりわかる本

二冊目は「高校の英文読解が1冊でしっかりわかる本 」です。

こちらは上記の英文法の読解本で、英文を読むための最低限のルールをまとめたものになっています。

難しい単語がほとんど使われていないのに訳しにくい例文を、詳細な解説と構造図解で英文の読解の基礎がしっかりと分かる様になっています。

英文読解入門基本はここだ!改訂版

三冊目は「英文読解入門基本はここだ!改訂版」です。

二冊目の「高校の英文読解が1冊でしっかりわかる本」は、比較的易しめの例文で難しい文法用語を説明した本でしたが、TOEICを攻略するためにはもう少し難し目の英文解釈をしておく必要があります。

「基本はここだ!」も基礎から始まりますが、カバーしている範囲は「1冊で分かる本」よりも少し広く、大学受験で英文和訳をしない人にとっての英文解釈の基礎(TOEICで必要たされる範囲)を完璧に固めることが出来ます。

TOEICで英文解釈を勉強する意味

TOEICの参考書や勉強方に関する記事を読んでいるとTOEICで英文解釈を勉強する意味はないとする意見をよく見かけます。その理由として、TOEICでは複雑な文章は出ないし、和訳することはないからだそうです。しかし、これらは完全に間違っています。TOEICでも倒置構文などの複雑な文章は所々出題されていますし、英文解釈をしっかりとやると和訳せずに早く読むことが出来るようになります。また、part5・6の文法問題も瞬殺出来るようなります。これは当たり前のことで、英文の構造が分かれば瞬時に意味がつかめるので和訳の必要はなくなりますし、構造が分かれば文法問題の答えはすぐに分かります。結論を言うと、英文解釈は極めて大切だということです。

正しい参考書の読み方

参考書を読むときに多くの人が犯す間違いの一つが最初からしっかりと理解しながら読まなければいけないと思っていることです。しかし、それは間違いです。

初めて参考書を読む時は、その本を理解するための基本的な知識がまで出来上がってないため、じっくりと読んでもスピード重視で読んでも実際の理解度はほとんど変わらない事が科学的に証明されています。

むしろ、しっかりと理解しようと気合をいれて参考書を読もうとするとかえって脳を緊張させてしまい最終的には理解度が低くなります。

なので、最初は多少理解力が落ちてもいいのでスピード重視で読んで頭の中に何となくのイメージを作ることに専念し、それらを何度も短期間で繰り返したほうが効率的です。

勉強法の項目で述べたとおり、東大主席弁護士の山口真由さんですら7回読み[東大首席が教える超速「7回読み」勉強法]を推奨していますし、脳神経外科専門医の築山節さんも何度も繰り返すことの重要性を「脳が冴える勉強法」の中で説いています。

まとめ

はっきりと言えることですが、文法や読解の基礎が出来ていないとスコアは必ず頭打ちになります。

この段階では直接的なTOEICの対策ではないため、少し退屈に思えるかもしれませんが、序盤に文法をしっかりと理解できるかどうかが、今後のスコアの伸びに大きく影響していきますのでしっかりとこなしましょう。

目安としては、「1冊でしっかりと分かる本(二冊)」は最低でも3周、「基本はここだ!」は最低でも5周ぐらいすればTOEIC文法の基礎はほぼ完成といっても差し支えありません。

では、次のページからはここで身に付けた文法力を実際のTOEICで使える形に変える方法を紹介していきます。

 


前のページに戻る次のページに進む